TOP > その他のニュース > 「相棒」反町隆史は続投なのに鈴木杏樹は降板の“大人の事情” | デイリー新潮

「相棒」反町隆史は続投なのに鈴木杏樹は降板の“大人の事情” | デイリー新潮

19コメント 2019-04-05 12:16  デイリー新潮

17年目を迎えた、水谷豊(66)主演、テレ朝の人気ドラマ「相棒」。…

ツイッターのコメント(19)

大人の事情は
どうしていつも
子供じみているのかな?
相棒ってマンネリ打開には水谷さんの降板又は配置換えが良いんじゃないの
「大人の事情」ってのは大抵が「気に入らない」のような感情的なものであって、それではまるで「子供の事情」ではないか。
チョイ役でも存在感があって良かったのに残念。
49歳というのが衝撃だわ。全然みえねえ。てか、魅力的だ
杏樹さんロス解消は 「相棒」反町隆史は続投なのに鈴木杏樹は降板の“大人の事情”(デイリー新潮)
「相棒」無理なんだよね…。犯人に説教するのがなんかね。そこで言うと、先日、放送された「名探偵・明智小五郎」のラストも説教じみていた台詞があって覚めた。
同じチャンネルだから仕方ないか…。
杏樹さんは杏樹さんのやり方があってもいいんじゃないですかね。 その上で仕事の兼ね合いで使いづらくなって降板なら、それも人生かと。 因縁の深い個性的なキャラクタが居なくなってしまうのは寂しいですが。
兼業がダメなら、それだけの対価を払えってことですよねぇ。
キャスト変更する度に水谷さんのせいにされるの飽きた。相棒は他の仕事ができなくなるから普通に人気ある俳優だと長く続けられなくなるだけのことだと思う。
熟女の魅力でオファーが多くて忙しいのか。
前任の女将役、高樹沙耶さんが旅に出るとの設定で降板してたの草
そっちはいいから社美彌子と片山雛子は退場させてくれないかな。
正直、見てて演技上手いとは思えないんだけど。
大人の事情って呼び方もう辞めにしない?
鈴木杏樹て10年以上テレビで見た記憶ないが、そんなに売れっ子なの?
えぇ・・・唯一の癒しを排除って・・・なんなん

❝ - ❞
制作現場では、水谷の意向は絶対という。キャスティングはもちろん、脚本や演技に口を出すことも。その一方で、どんな端役や裏方をも気にかけ、スタッフとの信頼関係を非常に大事にする。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR