TOP > その他のニュース > GPファイナル優勝「紀平梨花」はどこがすごいのか 浅田真央との違いは? | デイリー新潮

GPファイナル優勝「紀平梨花」はどこがすごいのか 浅田真央との違いは? | デイリー新潮

24コメント 登録日時:2018-12-10 09:52 | デイリー新潮キャッシュ

日本の女子フィギュアに新星が現れた。12月9日(日本時間)カナダ・バンクーバーで行われたグランプリファイナルの女子フリースケーティングで、16歳の紀平梨花(関西大学KFSC)が合計233・12点で初出場初優勝の快挙を成し遂げた。…...

Twitterのコメント(24)

<薬に頼らない精神科医千村のひとりごと>私は浅田真央さんが素晴らしいなあと思う。今でもあの時なぜ荒川静香さんが優勝したのか?ってずっと思ってるがギョウカイの人が「スポーツ業界もいろいろあるからね」って教えてくれた。でも不納得。今日もよく歩きがんばったなあ!
この一文で記事全体の信憑性がなくなった。

❝彼女のジャンプには力強さがあり、タイプとしては伊藤みどりさん(49)に近い❞

GPファイナル優勝の紀平梨花 浅田真央さんにはない力強さを併せ持つ
これ杉田さんなのか
帰りに読も。
杉田氏も仰ってます、トータルパッケージですよね
「男子の羽生結弦選手(24)があれだけ評価されるのは質の高さです。」
杉田秀男さんのコメントゆづ部分✨
いくら回転の多いジャンプを跳べたところで、結局は“質”が問われます。男子の羽生結弦選手(24)があれだけ評価されるのは質の高さです。跳ぶ前の準備、空中でのコントロール、そしてランディングに至るまでのレベルの高さが問われます。
この記事は無いわ。真央ちゃんが連習しない選手だったなんて。周りが諫める位の連習の虫だったのは有名な話・・・
杉田さん談:いくら回転の多いジャンプを跳べたところで、結局は“質”が問われます。男子の羽生結弦選手があれだけ評価されるのは質の高さ。
浅田真央との違いは?(デイリー新潮)
こちらの16歳も素晴らしい👍😊
浅田真央との違いは?(デイリー新潮)
失礼な!真央ちゃんもこの頃はすごく楽しそうだったんだ!!違いなんて探してくれるな…
サスガです杉じい👍👍👍
キム・ヨナの力強さを思い出したよ。
杉田さん、ありがとうございます。
流石です。とても分かりやすい、愛ある文章に頷きました。
こういう解説がお茶の間に流れて欲しい。
✨杉田さん評✨
真央ちゃんと比較しなくてもいい。
真央ちゃんは真央ちゃん、梨花ちゃんは梨花ちゃん。
世代が違うしルールも違う。
本田真凛とか宮原知子はもっと頑張らないかん(^^)
切磋琢磨して、北京では日本勢123なんてのも夢じゃないと思いたい(^^)
紀平梨花選手、おめでとうございます!ザキトワは強いけど、あなたも強い!
紀平選手のことを「いきなり強くなって現れた感すらある」とか、ジュニアの頃をアンタ(新潮)が知らなかった(注目してなかった)だけだろって話で。
杉爺はさすがに冷静だわ。
杉田先生のインタはよいなー
ジャンプの質の良さって何だろうって思うよ。紀平ちゃんはともかく、アレに関してはソチの頃より明らかに悪くなっているのに。→
杉田氏「ただ、いくら回転の多いジャンプを跳べたところで、結局は“質”が問われます。男子の羽生結弦選手(24)があれだけ評価されるのは質の高さです。跳ぶ前の準備、空中でのコントロール、そしてランディングに至るまでのレベルの高さが問われます」(´ー`*)ウンウン✨
杉田:真央さんとの比較は、時代もルールも違いますから単純にはできません。彼女はジュニアの頃から体の使い方が自然体で、力強さはないけれど、非常にスムーズでした。
真央さんとの比較は、時代もルールも違いますから単純にはできません。(紀平)のジャンプには力強さがあり、タイプとしては伊藤みどりさんに近い
杉田秀男氏
"…いくら回転の多いジャンプを跳べたところで、結局は“質”が問われます。男子の羽生結弦選手(24)があれだけ評価されるのは質の高さです。跳ぶ前の準備、空中でのコントロール、そしてランディングに至るまでのレベルの高さが問われます。"
以上

記事本文: GPファイナル優勝「紀平梨花」はどこがすごいのか 浅田真央との違いは? | デイリー新潮

関連記事