TOP > その他のニュース > 江夏豊は「大谷翔平」「吉田輝星」をどう見ているか 甲子園は“永遠に憧れの場所” | デイリー新潮

江夏豊は「大谷翔平」「吉田輝星」をどう見ているか 甲子園は“永遠に憧れの場所” | デイリー新潮

〈昭和43年(1968年)に江夏豊氏(70)が達成した年間401奪三振の記録は、50年が経ついまも破られていない世界記録だ。…...

ツイッターのコメント(10)

江夏氏に褒められたら本物だ
私にとっても永遠の憧れの場所です。
選手よりだいぶ歳上になりましたけど、私は彼らに対して尊敬の念以外ありません。
吉田くん、江夏さんに誉められてる😲
トリックアートみたいな柄のシャツ
彼はプロに入ってからまともに1年間野球をやっていないこと。肘はともかく、すぐに足が痛い、マメがつぶれたと言う。まずは、1年間使える体を作らないといけません
全く同意
記事の内容よりも江夏の不思議なシャツが気になる。
覚醒剤にしか見えない。
やはり考え方が古い、、
昭和43年(1968年)に江夏豊氏(70)が達成した年間401奪三振の記録は、50年が経ついまも破られていない世界記録だ。金字塔を打ち立てた江夏氏に、“現役”2人はどう映っているのだろうか
以上
 

いま話題の記事

PR