TOP > その他のニュース > 面接官からは「お前」呼ばわり 財務官僚の特殊な生態 | デイリー新潮

面接官からは「お前」呼ばわり 財務官僚の特殊な生態 | デイリー新潮

森友学園問題に絡んで、俄かに注目度が増しているのが財務省だ。…...

ツイッターのコメント(29)

酷すぎて笑った。さっさと解体しましょう!

> 1年生は「家畜」と呼ばれることもあったという。およそ現代の組織とは思えぬ文化がいまだに残っているようなのだ。
@May_Roma
日本の財務省がやってるのも洗脳ですね…
財務省は、バカの集合体
何枚コピーするかって聞いてんのに適宜っていうのはものすごく効率悪いしint型じゃないからびっくりしちゃうよね
>>一対一で行なわれた財務省の採用面接で、面接官の秘書課長は山口氏に対してこう問いかけた。

「これまでのお前の人生を10分で聞かせろ」

確かに官僚って傲慢な言い方をするわ。
財務省はカルト集団かい!
【いま読まれています】

一対一で行なわれた財務省の採用面接で、面接官の秘書課長は山口氏に対してこう問いかけた。「これまでのお前の人生を10分で聞かせろ」
この犯罪組織、いい加減解体したらどうなんだ。大蔵省時代から犯罪体質がまるで変わっていない。
カルト宗教みたいだな。でも、結構こういうの普通にあるような気がする。
省庁や財閥系企業の新入社員は精神やられそうやね >
「1年間、徹底的に無価値な存在として扱われると、ものすごく素直な人格がつくられる」「その後は与えられることをスポンジのように吸収できるようになる」。…カルトの洗脳手順ですか。/
エリートと言われる組織の人材育成がこの手法しかないんだろうか。たどり着いた先がこれだったのかな?
@toshiitoh 高度な思考能力があると、かえってつらくなりそうな世界のようですが。
こう言う育成の仕方を「洗脳」と言います。
普通に気持ち悪い。
面接官の秘書課長「これまでのお前の人生を10分で聞かせろ」
お役人にはなれそうにない
優秀な人材を潰すのは日本の伝統芸能。
文I卒にコピーとらせて枚数も言えないアスペが日本の財務を仕切るのか。
胸が熱くなるな。
伝聞証言で同情を集める図式。
山口氏は勉強法の本でも官僚時代の違和感をこぼしていたから、ただ取材されただけでなく本人にも溜飲あるのでしょう。
まぁ…ある意味キチ○イばっかなのはわかるけども「これまでのお前の人生を“10分で”聞かせろ」と言われてナゼ“3分”で終わらせた?w
本当だったら、実に下らない事してんなーと。
1年間、徹底的に無価値な存在として扱われる
この人この先こういうカスみたいなネタでしか食っていけないんだろうな。
エクセル表如きの仕事すらできねーで何言ってんだ
元財務官僚・山口真由氏の明かす「ふしぎな財務省」(1)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR