TOP > その他のニュース > 食べものだけで余命3カ月のがんは消えない! 「がん食事療法本」が「がん患者」を殺す | デイリー新潮

食べものだけで余命3カ月のがんは消えない! 「がん食事療法本」が「がん患者」を殺す | デイリー新潮

19コメント 登録日時:2018-01-30 14:18 | デイリー新潮キャッシュ

21世紀を17年余も経た今もなお、「がんが食べものだけで治る」ことを主張するテキストは枚挙に遑(いとま)がない。…...

ツイッターのコメント(19)

みんな知っている
知っているけど気になる
誰かが試してみたから自分も試してみたい
抗がん剤より食事食事食事と言われたら・・・

プロポーズも101回がんばれば奇跡がおきるから。ドラマではね。
ゲルソン療法の怪 週刊新潮 2017年8月31日号掲載
食事で癌が良くなる事は考えられないと云う意見があります。原因が解明されている病気の場合は、そう云えるかも知れません。しかし癌は原因が色々云われますけどどれもハッキリしてはいないのです

原因の定かでない病気にはどの様な事も断定する事は出来ないのですね
トンデモ医療への反論はこれにつきます。
>これらがもし本当の話ならば、人類のがん克服に貢献するノーベル賞級の業績だと言えます。当然、学術論文として報告し、世界中の患者さんに届けようと努力をすべきなのに、そうしないのはなぜでしょうか。
そして「食べものだけでガンが消える」というタイトルを掲げ、料理教室やメディア出演、講演などを展開していたのです。
by 大場大さん(腫瘍内科医)  #がん
この記事は非常に良い!
患者さんに「四つ足動物は体に悪いのご存知でしょう?」と言われたことあるな、、。かなりクレバーな患者さんとご家族だったけど、それでも出会ったときにはかなり傾倒していた。
出てきた名前をメモ。「高遠智子」「星野仁彦」「ドイツ人・ゲルソン医師」「済陽高穂」「古川健司」 / “ | デイリー新潮”
週刊新潮 2017年8月31日号掲載
で、こっちが元の記事。これもめっちゃ面白い。こんな記事書けるようになりたい。 " | デイリー新潮
プレジデント社が抗議した記事。
おお、がっつり行きますね…
本記事はこちらか 読んで欲しい人達には届かないんだよなぁ
元の記事これか
タイトルだけ見たら「当たり前やんけ!!!!」って感想しかない
以上

記事本文: 食べものだけで余命3カ月のがんは消えない! 「がん食事療法本」が「がん患者」を殺す | デイリー新潮