TOP > その他のニュース > 「日馬富士」暴行事件でタブーに触れられない 「記者会」は「相撲協会」とズブズブ | デイリー新潮

「日馬富士」暴行事件でタブーに触れられない 「記者会」は「相撲協会」とズブズブ | デイリー新潮

27コメント 登録日時:2017-12-06 20:47 | デイリー新潮キャッシュ

日馬富士が引退しても、なお収束する気配のない暴行事件。不可解な貴乃花親方の言動を読み解くカギは「八百長」「ガチンコ」というキーワードにあると、本誌(「週刊新潮」)は先週号で報じた。…...

ツイッターのコメント(27)

根底にありそうなもの。『言動を読み解くカギは「八百長」「ガチンコ」というキーワードにあると…』
片方の公益財団法人はどこかからか
「徹底的にやっちゃって!」とでも言われてるんですかね?
一方からは
「触れないように!」とでも…🙄
「ガチンコ力士として知られる貴ノ岩が酔って「俺はナイラ(モンゴル語で八百長の意)はやらない」と大声で発言し、それを知った日馬富士らが事件の夜に叱責していた」
やはり事件の本質はそこだよね。
「八百長のない大相撲はない」と昔石原慎太郎が言っていたがその慎太郎は白鵬叩き派だ。なるほどなあ。とか。メモ。
おれは八百長しない! と発言したから半殺しにしたらしい
常識が通用しないのは良いとしても、日本の法律が適用されない”相撲協会”って、いかんでしょ! >
根底にあるのが角界、モンゴル互助会の「タブー(八百長)」口封じだと思うとこれまでの流れは全て合点がいくよな
ロックだねーw

『貴ノ岩が酔って「俺はナイラ(モンゴル語で八百長の意)はやらない」と大声で発言し、それを知った日馬富士らが事件の夜に叱責していた』
ニヤニヤしちゃうくらい辻褄合わせてるねw さて、事実か飛ばしか>> | デイリー新潮
さて、事実がどうかは別に 相撲協会の『在り方』について、これまで通りには行かないということに気づき、行動しているのが 貴乃花親方しかいないとは…
掘ったらナンボでも出て来るやろ。
八百長が発覚するのが先か、八角が辞めるのが先か。
…問題の本質はこれ
「ガチンコ力士として知られる貴ノ岩が酔って「俺はナイラ(モンゴル語で八百長の意)はやらない」と大声で発言し、それを知った日馬富士らが事件の夜に叱責していたという内容である。」
やっぱり八百長絡みだったわけか
いや~それはナイラw→
あらー。とうとう出てきた。
ありうる…

日馬富士をガチギレさせた貴ノ岩の衝撃の発言wwwww
「ナイラ(найр; nair)」はモンゴル語で「宴会」を指すのであって「八百長」の意味はありませぬ。

「俺はナイラ(モンゴル語で八百長の意)はやらない」
大相撲にあるのは八百長じゃなくて忖度。
やっぱり八百長がらみか🤔
「ナイラ(八百長)はやらない」発言でキレたのか(納得)
やっぱり記者クラブってクソだわ
八百長はなくならんやろうからなぁ
タニマチヤクザさん、相撲協会のこいつら全員半殺しにして下さいね♪→
以上

記事本文: 「日馬富士」暴行事件でタブーに触れられない 「記者会」は「相撲協会」とズブズブ | デイリー新潮

いま話題の記事