TOP > その他のニュース > 「中国IT最大手アリババの決済サービスは使ってはいけない」中国人漫画家が日本人に警告 | デイリー新潮

「中国IT最大手アリババの決済サービスは使ってはいけない」中国人漫画家が日本人に警告 | デイリー新潮

39コメント 登録日時:2017-05-23 09:40 | デイリー新潮キャッシュ

中国の電子商取引(EC)最大手のアリババ・グループが、日本市場への攻勢を本格化させている。…...

Twitterのコメント(39)

日本ではアメリカIT産業は野放しというか、政府ぐるみで協力している状態。やっていることは同じ。
これがpaypayの正体。
中国のQR決済は全て中国政府系ネット決済管理機構「網聯」が関与。LINEとWeChat、ソフトバンクとアリババ…。何かもう中韓両方に情報ダダ漏れ感しかないんだが。。
中国(アリババ、テンセント)のQRコード決済は危険ですね。

アジアで爆発的に広がっているが、すべて中国政府に監視されている可能性が高いとのこと。
いま改めて知っておこう
これは確かに怖い。中国以外のサービスだってこういう使われ方している可能性はあるけど→
ビッグサイトにアリババの広告がデカデカと出てるな……。
本当なら恐ろしい話だわ。。。
そもそも中国で商売するヤツが共産党に逆らうとかありえんやろ。 >
ほんとうにありそうだから大陸はなんかコワイ・・・
そもそも、“盗賊”の名前を社名にするところからおかしいよね
言われなくともどうせそうだろうなーとは思っていたけれど、公言してるのはなかなか開き直ってるな
まあ詳細な個人情報に関わりそうなことをアリババではやらないことね
アリババ使ったこと無いけど、前に見た時はタンカーとかも売ってたなぁ。
国外のサービスは怖いからよく考えてから使わないとね
まぁ中国が共産党独裁国家であると知っていれば、そんな事はしないよね。
権力もってる権力者と天安門
アリババ・グループは2018年にも日本で決済サービス「アリペイ(支付宝)」を本格展開する意向だという。
ファーウェイのルーターとかレノボのPCとかには通信傍受・盗聴用の部品が組み込まれてるという話は公然の秘密。
顧客個人情報を平気で政府機関に引き渡す
「中国IT最大手アリババの決済サービスは使ってはいけ危ない」
「ジャック・マー(馬雲)は中国共産党とベッタリで、顧客の個人情報を平気で政府機関に引き渡す」
アリペイ使わなくても二代身分証で行動は筒抜けな気もする。最近は長距離バスでも身分証スキャンしてるし。
中国で成功するには政府逆らってはならないという事なんだろうなぁ。
そもそも特アにカネや情報を預けるという行為が信じられないのだが。てか外貨準備高が枯渇した支那の新たな外貨獲得手段かよ('A`)
チャイナ・サービスは絶対使わないと決めています。少々不便でも構わない。
これ、知っておいたほうが良いですね!
日本国内では利用禁止にしてほしい。
危険極まりない。
お上に逆らうと IT サービスが使えなくなって、生活に支障をきたすという、嫌な未来を先取りした国がある。=
資産運用とかビットコインがもうやってるし、日本で使う人いないでしょw
ちゃんと文章読めば、どういう人が使ってはいけないかがよく分かるかと。一種のあおり記事だなぁ。。
俺は政府側だから大丈夫
まぁ中国だしねぇ。
・将来の世界平和と地球環境のために、中国経済を崩壊させ、民主化革命を勃発させ、中国共産党を消滅させるべきだろう。連中を支援してきた反日低知能極左も同罪だ。
中国から見れば外国人である日本人が、日本国内で、中国の決済システムを使う。これにはメリットよりデメリットの方が大きいことは考えないまでも想像に難くない。ましてや中国へ頻繁に来てるとか住んでるという訳でなければ尚更な気も。
個人情報や金銭が絡むものを、中国やらに預けるのは不安しかないんだが、サービス開始したら利用する人が居るんだろうなぁ…
危険危険、カカオ、ラインなんて比じゃない?
以上

記事本文: 「中国IT最大手アリババの決済サービスは使ってはいけない」中国人漫画家が日本人に警告 | デイリー新潮

関連記事