TOP > 社会 > 【野球】「プライドを捨てるプライドがすごさだ」 黒田氏が表現した新井という男/オピニオンD/オピニオンD/デイリースポーツ online

【野球】「プライドを捨てるプライドがすごさだ」 黒田氏が表現した新井という男/オピニオンD/オピニオンD/デイリースポーツ online

質問すれば必ず2、3秒の静寂が生まれる。その空間はいつも、新井選手と僕の真剣勝負だ。たまらなく好きな時間でもあった。プレースタイル同様、取材にも常に全力の人。発言の影響力を理解した上で、一貫してファンに向けた答えを探した。受け流された記憶はない。座右の銘でもある、「球の心は正直者」を地で進んだ。...

ツイッターのコメント(12)

新井のこういうとこほんとすき、でもなーおまえなーなんですよやっぱり。
われらが新井さんの引き際、何と素敵でありましょうか。男たるもの、かくありたいと願うところであります。
大野寮とオーナー室には、球団方針を記す額縁が飾られている。愚直に強く、前向きに。「あいつはあの言葉そのものだな」泣ける😭
“黒田氏は引退する前、「新井が監督をやるなら、オレが投手コーチをやる」”

“クロさんが監督をやるなら、オレが監督付。監督付広報か、マネジャーをやらせてもらうよ」”
でも一番辛い時期のカープを「辛いです」の一言で見捨てて、朝鮮人繋がりで移籍した新井には嫌悪感しかない。今の脳天気にわかファンには当時の怒りはわからないだろう。
黒田と新井の対比が面白い、片やメジャー帰りの孤高なイメージ、片や自由契約になって古巣に拾われたひょうきんなイメージ。

でも、根付いていた精神は形は違えど同じだった。
新井さん引退発表で2年前のカープリーグ優勝シーンを見返した。
黒田投手と新井さんの抱擁は何度見ても泣ける。
矜持。→【野球】
カープファンで良かった。
黒田さんにも新井さんにも会えたから。
新井さん…寂しい!
「球の心は正直者」
「新井が監督をやるなら、オレが投手コーチをやる」
「アホ。オレにできるわけがないじゃろ。でも、クロさんが監督をやるなら、オレが監督付。監督付広報か、マネジャーをやらせてもらうよ」
以上
 

いま話題のニュース

PR