TOP > エンタメ > 高須院長が膀胱がん、尿管がん、腎臓がんをテレビで告白 抗がん剤治療も継続中/芸能/デイリースポーツ online

高須院長が膀胱がん、尿管がん、腎臓がんをテレビで告白 抗がん剤治療も継続中/芸能/デイリースポーツ online

高須クリニックの高須克弥院長が1日、フジテレビ系「ノンストップ!」で、現在膀胱がん、尿管がん、腎臓がんを患っていることを告白。現在も抗がん剤治療を行っていることを明かした。...

Twitterのコメント(40)

*高須院長の全身がんは膀胱、腎臓、尿管…

4年前の健康診断で を発見し、その後転移したという…💦
どんな人でも病気や死は怖いものです

ぼくの思想や理念と対角に居る人ですが
お大事にしてください
腎臓がんとあるが、腎盂がんだろうか。4年前に尿管がんが見つかったが今、健在、というのは、かなり幸運なはずだ。治癒目指して、頑張ってほしい。
そういう風には全然見えなかったな
-
最先端の医療ならば、当たりが出る可能性が高い。
胆力はタダものじゃないな。
どこまで目立ちたがり屋なのか
ネオナチが、自由と人権を大切にした樹木希林さんに便乗して欲しくない
寿命は、宿命!
生き方は、運命!
高須院長の生きざまはカッコ良い👍
すごい。このような生き方、態度を見習いたい。
すごい方だ。頭が下がります。。
わーお。ヤバいでしょ。
元気そうなのに。
西原が悲しまないように長生きして欲しいもんや。
このぐらいポジティブになりたい🙋
高須先生、頑張って下さい。
先生は日本に必要なのです。
そこまで達観できるって流石!
高須先生@katsuyatakasu はいつも笑顔でいろんな事に興味を持って楽しんで生きてる方だと思うから、きっと大丈夫だ。
抗ガン剤治療が進化している良い実例を見せてくれているんじゃないかな。有難いことや。
高須先生、さすがのお言葉である…  
「手術やるときでも、切って取ったり探すのに、蛍光物質飲んで光らせて、そこだけ焼いてみたり。新しい治療を実験するって楽しいよ」 

高須院長が膀胱がん、尿管がん、腎臓がんをテレビで告白(デイリースポーツ)
高須パイセン凄いな👏
73歳か。残りの人生、豪快に遊び倒してほしい。
かっちゃん・・・がんでも自分で人柱かw。 
金で健康を買えばいい
先生、前向き。
セルフケアに気軽にお金をかけられる人ですよね。
たぶん一般の庶民は考えられる最善のあらゆる治療なんてできっこないもん。
羨ましいです。
この先、高須先生は高須先生らしく生きればいいのではなかろうか。/
何があっても前向きで人生を楽しむ姿が良い
「医者なんだから、医学の最先端を自分の身体で実験できるってすごいハッピー」
この一文で高須先生が分かる。ネガティブからは何も生まれない(´・ω・`)
「医学の最先端を自分の身体で実験できるってすごいハッピー」とコメント
現状については「決して軽くはないが深刻ではない」という状態だそう
凄いな、この泌尿器3連コンボ。KIDの言う通り、まさに「心配すんな、でも安心すんな」ですね。⇒
病院での治療をやめ、遠方まで行き民間療法を義父にやらせてる義母。全ての金と権力持つ為に、殺しにかかってんなーと思うが、旦那も含め義母に一家まるごと洗脳されてるのでどうしようもない。
高須院長が
死ねよこいつはもう。
結構がっつりだな…
もう色々割り切ってる感じがする…
めちゃくちゃ転移してる
以上

記事本文: 高須院長が膀胱がん、尿管がん、腎臓がんをテレビで告白 抗がん剤治療も継続中/芸能/デイリースポーツ online

関連記事