TOP > エンタメ > 光秀=裏切り者のイメージ覆すか 「麒麟がくる」で目指す「大河新時代」/芸能/デイリースポーツ online

光秀=裏切り者のイメージ覆すか 「麒麟がくる」で目指す「大河新時代」/芸能/デイリースポーツ online

NHKが19日、2020年の大河ドラマが長谷川博己主演、池端俊策脚本で明智光秀を主人公に戦国武将の群像を描く「麒麟がくる」に決まったと発表した。制作統括の落合将氏は「大河新時代」を銘打って、今までにない作品にすることを強調した。全容が見えない中で、どんな物語になるのか探った。...

ツイッターのコメント(15)

おおおおお…!
ついに光秀公が大河の主役に…!
も1540年代(44年12月)から第一回が始まり、本能寺の変と同じ年に直虎が亡くなるので、時期が全く重なります。
明智光秀が主人公のドラマや映画はあまりなかったのかな。
織田に仕えはじめたのは40歳くらいからだけど美濃時代から描くんだよね?
延暦寺焼討をどう描くかで、歴史ファンの評価は分かれそうですね。
どんな光秀像になるのか?楽しみー!なぜか小朝のイメージが強く残っているんだけど、あれはなんの作品だっけ???→
キタ━(゚∀゚)━!
しかもイメージピッタリ。2020年の楽しみができました。
朝倉義景「ワイは?( ;´・ω・`)」
絶対おもろいやんー!
1年間ひたすら信長の無茶振りに振り回される大河になりそう。
信長は誰がする?髑髏城のケンちゃんの信長も良かったのでNHKさん如何でしょうか?
楠正成は神戸市が画策しているようですが・・・。近江・坂本が注目を浴びる番ですな。
再来年大河のこれは期待!
来年のは未知数の昭和中盤なのが不安
大河ドラマは合戦シーンが無いと
そう思う
私の家は、光秀の出自とされる美濃土岐氏の裔ということもあり、断然期待大です。
・・・なぜだろう?
主演に長谷川博己を起用しようとも、脚本に池端俊策を起用しようとも、「秀光=ツッコミ」(そして最後にボケ)という呪縛から抜け出せない・・・
以上

記事本文: 光秀=裏切り者のイメージ覆すか 「麒麟がくる」で目指す「大河新時代」/芸能/デイリースポーツ online

いま話題の記事