TOP > スポーツ > 川淵三郎氏 組織委の開催への努力は「当然の話」 看護師確保への批判に「何故?」/スポーツ/デイリースポーツ online

川淵三郎氏 組織委の開催への努力は「当然の話」 看護師確保への批判に「何故?」/スポーツ/デイリースポーツ online

 Jリーグ初代チェアマン、元日本サッカー協会会長で、東京五輪では選手村の村長を務める川淵三郎氏が4日、ツイッターを更新した。 新型コロナウイルスの感染拡大で医療がひっ迫する中、東京五輪・パラリンピック...

ツイッターのコメント(13)

ベトナムで米軍兵が子供を銃殺。ミャンマーで軍が民間人を銃殺。どちらも組織の命令だから。
五輪委が医療リソースを奪う。五輪委のミッションの一環だから。

< 看護師確保への批判に「何故?」>

*/*
現状把握が全く出来ないのだね。正常な世の中ではない。有事なのですよ。
より
平時ならそう言ってもいいが各地で医療が逼迫し医療従事者が足りない状態となっている中五輪開催の為にと言うのは五輪の為犠牲になれとでも?
あなたの立場から見たらそうかもだけど、医療従事者、国民目線からだと批判が出るのも当たり前。
その辺を考慮できてないつぶやきに違和感…
ここにも老害が‥
川淵三郎さん、今はオリンピックどころではない!と言う国民の意思の表れですぞ。
老化で脳味噌腐ったのかねえ。
なんか残念…
何故、疑問に思うの?
その通り!!
森喜朗の後任に選ばれそうになったこいつも、なかなかヤベェ奴やった🤤
出てくるな、老害。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR