TOP > スポーツ > 山中伸弥教授 東京五輪は「普通の形は無理」「コロナとどう付き合うかを示す機会」/スポーツ/デイリースポーツ online

山中伸弥教授 東京五輪は「普通の形は無理」「コロナとどう付き合うかを示す機会」/スポーツ/デイリースポーツ online

 京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授が27日に放送されたTBS系「サワコの朝」にリモート出演し、来年に延期された東京五輪について「普通の形は無理」「コロナとどう付き合うかを示す機会」と、形を変えてアスリートファーストで実施すべきという見解を示した。 自身も市民マラソンランナーでもある山中氏は「僕のような市民ランナーでも、こういう状況で練習を続けるのはかな...

ツイッターのコメント(7)

山中伸弥教授が東京五輪めぐり見解「普通の形は無理」

東京五輪は「10月までに可否判断」という話だが、第二波のことを考えると、ほとんど詰んでいると思う。何をもって「完全終息を宣言するのか」もよく分からない。その根拠に説得力がなければ、外国から人は集まらない。
日本だけでもこの状況に、世界大会が出来るわけがないだろう‼️
オリンピック開催を考えてくれるから、次の専門家として登用されたのか。その前に徹底的に検査して実態報告して下さいね!→
山中伸弥教授が東京五輪めぐり見解「普通の形は無理」
普通のカタチで無理なら、開催は無理‼️ 莫大な余計なカネがかかるでしょ😡、早く中止にするべき‼️
以上
 

いま話題のニュース

PR