TOP > スポーツ > 大迫傑「陸上選手を稼げる仕事に」 21年大会創設を発表 設楽も賛同「全力で協力」/スポーツ/デイリースポーツ online

大迫傑「陸上選手を稼げる仕事に」 21年大会創設を発表 設楽も賛同「全力で協力」/スポーツ/デイリースポーツ online

 男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)が19日、自身のツイッターを更新し、先日行われた東京五輪代表選考会MGCで選手に賞金がなかったことに対して疑問を呈し、21年3月辺りを目処に自身が大会を創設することを発表した。 9月に行われたMGCで3位となり、東京五輪出場の有力候補となった大迫。ただ、日本中が注目した大会だったが「気になって、メディアに発言し...

Twitterのコメント(10)

設楽も賛同「全力で協力」
信じられない日本陸連は
選手のマラソンの未来を
真剣に考えてほしい
全力で支持します!
すごくいいと思う。お金が動かなきゃ母体数も増えないよね。夢があってほしい
 設楽も賛同「全力で協力」(デイリースポーツ)
設楽も賛同「全力で協力」(デイリースポーツ)
大迫、設楽はもうそんなものすごい影響力ある人になったんだねsmjm
大迫選手の発言に、かつて箱根路を沸かせたスター選手たちが次々に共鳴していく様子が、キャプテン翼的な世界過ぎて熱い!!!
えっ?選手は賞金をもらってないの?ホントひどいな!NowBrowsing:  設楽も賛同「全力で協力」 :
素敵な活動!!
大迫選手の想いが素晴らしいので、共有したいと思います。
確かにテレビ中継までされて盛り上がったMGC。東京メトロをはじめ名だたる企業がスポンサーだったのに選手には一銭も出ないカツカツの運営だったのか?それはそれで問題。アスリートファーストとは程遠い体制の打破を期待します。
以上

記事本文: 大迫傑「陸上選手を稼げる仕事に」 21年大会創設を発表 設楽も賛同「全力で協力」/スポーツ/デイリースポーツ online

関連記事