顔面打球直撃の上野由岐子は下顎骨骨折で全治3カ月 手術は成功も日米対抗は絶望的/スポーツ/デイリースポーツ online

ソフトボール女子日本代表のエース上野由岐子(36)の所属先であるビックカメラ高崎は7日、4月27日の試合で打球が顔面に直撃し、救急搬送された上野の状況について、下顎骨骨折で全治3カ月と診断されたことを発表した。...

Twitterのコメント(17)

ぜんぜん「ソフト」ボールじゃないんだねえ…。一日も早いご快癒を
打球直撃の映像をこの前見た。
気の毒になぁ・・・

試合にも出たかっただろうなぁ・・

一日も早く治ってほしいな・・・
緊急手術を行い、無事成功!顔面打球直撃の上野由岐子、全治3カ月
上野由岐子投手、術後の経過は良好。
読んだだけやけど、こっちまで痛いニュース😧
📸メディア掲載情報:5/7

顔面打球直撃の は下顎骨骨折で全治3カ月

上野が所属の は下顎骨骨折で全治3カ月と診断されたことを発表した。日米対抗への出場は厳しい状況となった。
ダーリン(つд`)
全然「ソフト」じゃないな…。
オリンピックは万全の状態で出場して活躍出来ますように…🍀🍀🍀
今は焦らずに治療に専念してほしいな(T_T)
顔面に打球直撃の上野由岐子 全治3カ月で日米対抗は厳しい状況に。
全治3カ月🥎
デイリースポーツ「 手術は成功も日米対抗は絶望的」( ) ・・・ビックカメラは「術後の経過は良好ですのでご安心いただければ幸いです」とコメントした
以上

記事本文: 顔面打球直撃の上野由岐子は下顎骨骨折で全治3カ月 手術は成功も日米対抗は絶望的/スポーツ/デイリースポーツ online

関連記事