TOP > スポーツ > 開星元監督の野々村氏、猛暑の高校野球は「耐えるのも教育」で高木美保ら猛反論/野球/デイリースポーツ online

開星元監督の野々村氏、猛暑の高校野球は「耐えるのも教育」で高木美保ら猛反論/野球/デイリースポーツ online

 開星高校野球部元監督の野々村直通氏が22日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」に生出演し、猛暑の中の高校野球について「暑さに耐えるのも教育」と持論を訴え、コメンテーターの玉川徹氏、高木美保を困惑させた。野々村氏は監督として春夏合計9回甲子園に行った経験を持つ。 番組ではこの日に高校野球の決勝が行われることから、審判の判定や炎天下での練習、球数制限など、さまざ...

ツイッターのコメント(109)

サウナで野球出来るなら、それは正しい /
野々村さんに共感できる。笑
炎天下の投球がどうこうって言ってるけど炎天下の中のキャッチャーはどやねん。笑
ぃゃ。。。監督さんの現役の頃と暑さのレベル違うから。。。
そーゆーならやって見せて欲しいなぁ。多分。。。死ねる。。。
放送を視ていた。
誤審の撤回を「英断(当たり前だが)」と言っていたまでは、良かったが…。
あとテキ屋みたいな服装はちょっと…
野々村監督の言う通りだと思うな。熱中症で選手を殺してしまう様な最低限のマネジメントもできない指導者に、みんなが基準を合わせて、過保護になるのはどうかと思う。

あとそもそも、現場でバリバリやってた人に、何の能力もないコメンテーターがよく偉そうなことを…
サウナで素振り1000回を10セットな
水飲んだらバテるからあかんで
アヒャヒャヘ(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ
耐えるのが教育って
>暑い中、耐えて頑張っている高校球児を見たがっている。そこに感動する。

正気なのか。
今世では、通用しなくなってるな。
しかし、一理あるとみたが?
野々村監督は10年のセンバツで21世紀枠の向陽に敗れ「腹を切りたい」「末代までの恥」などとコメントし波紋を広げた過去がある
切ればよかったじゃん
本音ポロリ。球児達は大人を感動させるためにやってるわけじゃない。
"暑い中、耐えて頑張っている高校球児を見たがっている。そこに感動する。"
開星元監督の野々村氏、猛暑の高校野球は「耐えるのも教育」…(デイリースポーツ)
とにかく、テレビに出てきてくれた、元監督さんに感謝。
対話は続けてほしい。

決勝の日に、テレ朝がこのような番組を放送したことに、少々びっくりした。

維持する人たち、このままが良い人ばかりじゃないって、ことだよね。

世論の後押しがほしい?
二度と指導者にならないでほしい。
確かに耐える能力は必要だが、スポーツには他の教育的側面もあるかと。(優しめの反論)
高校野球〜学校の春休み 夏休みに 開催されます
夏は 暑い😵

野々村さんの意見に賛成です でも昔とはちゃいますけど
8/22(木) 10:09配信(デイリー)
"私も高校野球のことは別にしても、あの時期にオリンピックをやるのかと単純に思う」と言い出したので、高木は「じゃあ、高校野球もそうじゃないですか?」と猛ツッコミ。だが野々村氏は「耐えることが教育ですから」と言い放ち、スタジオは笑いに..."

@Daily_Online
張本といいコイツといい、
こう言う筋肉脳が選手を潰す。
ホント老害
こうやって俺の好きな指導者も老害扱いされていくのか。
・耐えるのが教育は違うでしょ?
・我慢する必要ないよね。
・耐えた先に何があるの?

無駄でしかないでしょう。
こういう老人が一日でも早く、一人でも多く〇なねえかなと思うよ
信じられない努力をしている人が色々な分野で活躍してる。なので、限界まで頑張るってのは重要なのだろう。自分で定めてしまった甘い限界値はぶち破らないとな。
Discover(Google)から
我慢も教育。色んな考えあって当然。猛反論する高木美保もわからん。それなら、法律で、働くひと含めて、一定温度以上は外出禁止にして!
絵に描いたような清々しいまでの老害ですな。ここまでスポーツ指導に向いてない人も珍しい。#野々村直通 #甲子園 #羽鳥慎一モーニングショー
#開星高校野球部
こういう脳ミソが半世紀前の思考からアプデされない老害がのさばる限り野球の改革は達成されない。見れば分かるけど考えを改める気が毛頭無いからこれらを切り捨てないと。
国の多くのお偉いさんもこんな考え方をしていて、オリンピックのことなんか何も考えてないんだと思う。ごく一般的な日本人の感覚はこんなものなんかも。
戦争中の日本の常識なんだろな。
この考えで戦争に参加していったんだろな。日本人。
まだ腹を切らずに恥をさらされている!
ヤフーコメント欄は高齢の人が多い?怖い
これはもう、人間ピラミッドを子供にやらせて悦に入ってる学校や親の思考と変わらない気がする。。てか、この先生、カタギの人なのか?本当に…。→
玉川氏がグラウンドの気温のあまりの高さに「よく今まで死ななかったなと。熱中症で」とコメントすると、野々村氏は「鍛えてたら死にませんよ」。ブラック企業経営者と同じだ。
「暑い中、耐えて頑張っている高校球児を見たがっている。そこに感動する」と野々村氏。
観客はサディストか!
去年の決勝戦で吉田輝星が熱中症の症状を訴え大阪桐蔭に打ち込まれた様子を観客は喜んでいたか?万全の体調で戦わせたかったと思っていたのではなかったか?
こういう人が高校野球の周りにいる以上なにも変わらない
高校生は感動を与えるために野球をやっているのではない
オリンピックも同じ
もう純粋に競技をアスリートの手に返してあげようよ
誰のための高校野球?まわりの大人のため...?
「暑さに耐えるのも教育」ってさすがに鬼だろ。むしろそういう時代にやっていた経験論を持ち出すことがナンセンス。それに近年の酷暑は温暖化の影響もあり、昔とは比べ物にならない。来年は東京五輪だが、酷暑の令和インパールによる犠牲者が出ないことを願いたい。
一つの側面として、そういった感動、形式美とでもというか風物詩としての熱湯甲子園があるというのは現実として認めないと。
その上で、いやこれはきついよ、肉体的酷使が半端ないからそちらを優先しましょうと。まるで過去の風潮を無かったことにするのはちょっとズルい
耐える力がなければ海外勢には勝てないよな。熱中症に耐えられる体を作る発想もあっていいだろ。
お話にならない
野球の試合は3時間のうち1時間くらいはベンチの中の日陰で休めるから、楽なのよ。

甲子園で危ないのは観客や審判の方やわ。
野球部員が気をつけないといけないのはむしろ練習。
結局は朝日が好みそうな人材なんでしょうね。
「暑さに耐えるのも教育」とか頭の悪さ全開で草。一人で耐えてどうぞ。
こういう思想を持った人間がいるから良くならない。
なぜ野球が教育?スポーツって楽しむものでしょ?
それにね、耐えることが教育ってのは大間違いです!!!
甲子園の1戦より、連戦ダブルヘッダー当たり前の夏の練習試合の方がはるかに過酷だぞ、コメンテーターバカだろ
これみてた。
うわーやべー奴だ…って引いた。
娘の通う小学校では、夏休みのプールの補習的なのは一切なし。
学校側からすれば何か起きたら責任取れないからなくすのが一番手取り早いとは思うけど、これで泳げない子供はますます増えていくわけで。
“開星元監督の野々村氏、猛暑の高校野球は「耐えるのも教育」で高木美保ら猛反論: 「暑い中、耐えて頑張っている高校球児を見たがっている。そこに感動する。暑さに耐えるのも教育」”
昭和脳だよ。
耐えたら何を学べるか知りたいです…
これは末代までの恥
大学やプロのように涼しい時間、季節に野球をやるリーグを創設し、メンバーを募れば良い。
監督としてどれだけの実績があろうが、まずお前がやれ。やれないなら言うな。これは労働者の監督員ならアホでも知ってること。
でもね、野々村先生。それを言ったら、大抵のガマン大会も教育になってしまいますよ。/
朝日新聞が讀賣を見習い、商魂込めて甲子園に屋根付けて空調効かせ、球は飛ぶ飛ぶドームの風でにすれば良い。
阪神ファンが黙っていないだろうが、十八番のねつ造で騙せば済む。
サンキュータッマ
野々村みたいな連中がブラック部活動やブラック校則みたいなのを生み出してるんやろなあ🤔
上に立つ人次第で人生は決まる。
進学や職業選択の自由がある以上、見極める力が試される。
本来はどこに行ってもいいように社会や国がなんとかするべきなんだろうが。
俺が選手の立場だったら「好きでやってんだからほっとけ!」と言いたい
選手より応援する子達の方が大変な件。
サッカーやラグビーの全国大会は秋以降ですよねぇ…
こんな軍隊的な考えの日本人がまだまだ、いるわ。
昔より、熱く、寒く、いろいろな環境が変わってきている。
この人、凄くいいこと言うのに、言葉のチョイスが下手で損しているんだよなぁ。多分、この記事とは違うことを言っていると思う。
「暑い中、耐えて頑張っている高校球児を見たがっている。そこに感動する。暑さに耐えるのも教育」って言ってたらしいけど、それだったらサウナに連れてけばいいんじゃない
テレ朝の放送をそのまんまかすめ取った文。自分たちで取材して記事書きなよ。/
耐えるのも教育なら部活じゃなくて授業でやらないとだな
耐えることが教育。こういう軍隊教育では、もう高校野球は勝てなくなってきている。朝から晩まで練習してるような学校より、むしろ、練習時間が少ない進学校の方が、生徒の自主性で効率よくやってるから、最近は強くなってきているしね
これも一意見。この監督さんは「感性の鬼」
>暑い中、耐えて頑張っている高校球児を見たがっている。そこに感動する。
見たくねえよ。どんだけ安いんだ?おめーらの感動ってのは。
怖い顔してすごいこと言ってるだろ...
ウソみたいだろ...
美術教師だったんだぜ...
それで...
島根の高校野球監督の教育で暑さも耐えるのがモットーの教育者が、東京五輪の暑さは(笑)
島根の地区予選じゃないんですよ
平和の祭典で世界各国が対象なんですよ(笑)
賛否両論はあるんだろうけど、結局のところこの手の話は「勝った者が正しい」ってことになるのよね。
生徒や親にとっては、綺麗事を言う他人よりも甲子園に連れて行ってくれる監督の方が正義。
時代錯誤と言われるかもしれないが一理あるかなと。
変な女を相手は大変だ。
モーニングショー見たかった
記事の見出しに違和感あるし、野々村先生の言ってることは何ら間違いないだろ。別に虐待まがいの野球やれなんて言ってないし、、、
30年前から10℃程度、10年まえから5,6℃程度気温が上昇している今の炎天下は我慢を通り越して自殺行為にしか思えない〰これからますます上昇するとしたら驚異!!
純粋におもしろい。彼の言動はエンターテイメントとして捉えるべきかも。現場で反論できるし、笑ってるし。張本勲の場合は反論すると江川紹子の2の舞になるのを恐れて上原浩治しか反論できない
こういう昭和マインドが抜けないバカは早く死んだほうがいい。
もちろん高校時代にそこまで頑張って社会でも立派に生きている人はいると思うけど、そこまでじゃなかった多くの人も、社会で立派に生きてるお? 開星元監督の野々村氏、猛暑の高校野球は「耐えるのも教育」で高木美保ら猛反論/野球/デイリー
猛反論してもネ、高校野球は結果出しているでしょ!素人の猛反論は説得力ありません。意見なら拝聴いたすます!
古い時代の人間をわざわざ呼んでコメンテーターと戦わせれば話題になるだろうというテレ朝の汚い思惑が透けて見えて、その点で不快でしかない。
今年も夏休み中、うちの息子は毎日炎天下5km、週末10kmランニングやり遂げました。やり切ったらチョットの事でめげなくなる。耐える練習と言う意味は無理やりでは無い。畑耕すのと違うわ(笑)
開星元監督の野々村氏、
猛暑の高校野球は
「耐えるのも教育」
で高木美保ら猛反論
(デイリースポーツ)

野々村氏などは、
その「耐えた結果」が、他に部分で、
悪影響を及ぼしている現実を、
認識しておられるのであろうか?
野球は大嫌いだが燃え尽きても良いじゃないかという意見は分からなくもない。高木美保はヒステリックに見えた。ただ野々村氏の主張は野球というクソみたいな伝統とやらに拘りすぎてスポーツの指導者としては不適格だと思った。文化系の部活やってる人はどう思ってるのかな?
耐えるのを見てがっているのは紛れもない事実。24時間テレビのマラソンがまさにそれ。
腐った根性論の持ち主なんだな…
こういう過去の栄光老害が死んで、桑田や筒香あたりの真っ当な理解者の意見が正論になるんだろうな。成功体験しかないジジイはクソ。
耐えるのと耐えさせるのじゃ話が違うからね。そこの食い違いかな
こんな時代錯誤な精神論がいまだに公で言われるような国で、真夏に五輪なんて開催したら人命軽視の五輪として後世に汚名が残りそう。
高校野球は耐えるのも教育って・・・やっぱりカルト宗教だわ。
議論が噛み合っていなくて面白い。昔ながらの運動部根性論に対し、玉川氏は「そんなことしなくてもちゃんと大人になれる」。

学生時代の運動部経験は社会に出てどこまで役に立つものか。
プロに入っても肩の痛みに耐えに耐えた教え子は今季どうなってますかね
死人が出てないから言えること!1人でも大会中に死人が出たら即刻アウト食らうよ!そのときどうすんのよあんた!同じこと言うんか!
あえての炎上商法。
さすがマスゴミ(笑)

猛暑はいまや災害。
毎日誰かが運ばれてる。
鍛えてるから大丈夫??
怖いわ。。

こんなんが高野連仕切ってたんだろうな。老害。。
忍耐力ばかりつける教育はもう要りません。
野球脳の恐怖を具現化したようなキチガイ
改革するのに、死人出るの待ち状態になってるのなんとかしたら
野々村さんの意見に賛成ではないし、理不尽を正当化することも肯定しない。ただ悪い人、悪い手段、悪い狙いによって施された「教育」でも、受け止める側が上手く消化していい学びにつなげることはある。
度を越えた体罰、水を飲ませないなどの根性論は別だが試練を乗り越える、耐える事を教える、知るのも教育だと思う。辛い一壁を乗り越えた経験があるのとないのとではその後の人生大きく変わる。
私は野々村元監督を支持したい。
またまた精神論者発見。

耐えるのが、教育なら犯罪者や不正を行う輩はでてこない。過去甲子園出場者に犯罪者おるけどな。
まあ野球って練習はキツイけど試合ではピッチャー以外は大した運動量無いからねぇ・・・
また、おった。ザ精神論。
苦しいこと耐えて、立派な大人になるなら、バブル崩壊もそのあと失なわれた20年もないね。あと、犯罪も発生しない。
ある程度の我慢や根性も大事だが、もう暑さが常軌を逸してる訳で。死んだら終わりなんですよ?
昔の暑さとは違う!熱中症によるけいれんの選手も出ている。
高校野球の運営も変わらないといけない時になったな〜
もうこの手合いの説を曲げようなどと考えない方がいい
時間の無駄
ゴリゴリのヤクザフェイスや!
耐えるのは教育ではない、虐待です。
以上

記事本文: 開星元監督の野々村氏、猛暑の高校野球は「耐えるのも教育」で高木美保ら猛反論/野球/デイリースポーツ online

関連記事