TOP > エンタメ > 痴漢はペニスだけの問題ではない 誤解している加害者の実態(1/2)|サイゾーウーマン

痴漢はペニスだけの問題ではない 誤解している加害者の実態(1/2)|サイゾーウーマン

77コメント 登録日時:2016-08-09 17:12 | サイゾーウーマンキャッシュ

精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏 「痴漢をする人にとって、その行為は“生きがい”です」 対談は、精神保健福祉士・社会福祉士である斉藤章佳氏の一言から始まった。氏は、東京・榎本クリニックで10年前から、日本で初めて「地域トリートメント(社会内処遇)」という枠組みで、性犯罪加害者が二度と女性に加害行為をしないための再犯防止プログラムに注力しているが、その中で最も多いのが痴漢加害者である。 「...

ツイッターのコメント(77)

痴漢することが生きがいなら、痴漢を止めさせるには他に生きがいを見つけるのが一番の近道かも知れない。
こういう感覚のひとほんと怖いわ...
これ、刑務所にいた事のある人に聞いた事があります。
痴漢が理由で刑務所に入った人はまた何度も繰り返し戻ってくるんだと。
しかも本人はハイ状態で痴漢したことを覚えていない事もあるとか。

「痴漢はイジメ」。なるほど。
ストレスのたまった子どもがイジメをするのと同じ病理ってわけか。
夏に読んだ時は別の記事があったが、今は昨日否定したばかりのサイゾーウーマンしかないな。

犯人にとって、痴漢行為(性犯罪)は「生きがい」で、
"性欲、レジャー感、イジメ、ギャンブル性などが備わった複合的快楽"
になるらしいです。
「痴漢をする人にとって、その行為は“生きがい”です」
ここからリンクで最後まで読めます。
誤解している痴漢加害者の実態|サイゾーウーマン(2016.08.09)
性暴力は性欲ではなく、支配欲、依存性。それが一種の「生き甲斐」になる。→
良い記事なのにタイトルで台無しなのはさすがサイゾーといったところ
サイゾーさんのいい記事なんですけど、下に出てくるのが「そんな格好で寝てたら襲われても文句言えないよ…」っていうマンガ の広告なのは、これは…もしかして…何か深〜いお考えがあってのことですかね?
"それよりも実際は、ストレスへの対処行動であるケースのほうが多い""上司に厳しく叱責され、挫折感を感じて"
(u ・ω・)イジメが生むイジメ?
犯罪加害者は自他境界がなさすぎるという話
@315yen 残念ながら逆効果です。性犯罪者は殺人鬼と一緒でまともな思考をしてないです。よってまともな対策ではダメです  SAN値が下がる犯罪心理学の世界ですがそこからでなくては痴漢やセクハラから人を守れません
ほんと痴漢死んでくれ
読むけど、痴漢の実態に詳しくなって頭のなかに痴漢の情報が増えるのが本当に気持ち悪い
@cyzowoman 一犯罪者が毎日痴漢犯罪を犯して野放しになってたとか怖すぎやん。痴漢犯罪者に同情してしまう犯罪者予備軍はこの記事必見!
例の性欲と性暴力欲の区別の根拠となった記事.|
「膜の中のストーリー」 /
「痴漢でスリルやリスクを冒してまで成功した達成感や、抵抗してこない相手を支配・征服した優越感に浸れるとか。それによって、日ごろのストレスを忘れるんです」「痴漢って、イジメなんですよ」
"副作用で勃起不全を起こすといわれています。"
"つまり、勃起さえしなければ痴漢はしないと?"
えっ???

 誤解している加害者の実態(1/2)|サイゾーウーマン
はたから見ると加害者のほうから女性に近寄っている状態であっても、本人は「女性のほうから自分に近寄ってきた」と感じ、ゆえに、彼らはその女性を自分が何をしてもいい“もの”のような存在だという考えを持っている
何故ネット上の一部の男性が痴漢冤罪というものを激烈に敵視するのか、わかる感ある
"「痴漢をする人にとって、その行為は“生きがい”です」""それよりも実際は、ストレスへの対処行動であるケースのほうが多いですね。" /
性犯罪の歪んだ心理

はたから見ると加害者のほうから女性に近寄っている状態であっても、本人は「女性のほうから自分に近寄ってきた」と感じ、ゆえに、彼らはその女性を自分が何をしてもいい“もの”のような存在だという考えを持っている
会社員で、家族がいる男性で、どこにでもいる普通のビジネスマン社会が、いかに病んでるかってことか。て言うか、そういう病んでる世界を代償として、がんばってきたわけね。耐えて頑張る裏の顔・・・。
「痴漢は、性欲、レジャー感、イジメ、ギャンブル性などが備わった複合的快楽」
「性欲が強すぎて、あるいは性的に満たされていなくてやっている人のほうが、本質的には少ないかもしれません。(略)それよりも実際は、ストレスへの対処行動であるケースのほうが多い」
>痴漢は、性欲、レジャー感、イジメ、ギャンブル性などが備わった複合的快楽
>痴漢中に勃起していたかどうかを尋ねたところ、半数以上が「していない」と回答しました
「痴漢の多くは行為中に勃起していない」とか「1人の性犯罪者が生み出す被害者の数」とか読み物として超面白かった。いや面白がっちゃダメか
痴漢の再犯防止プログラムを行っている精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏と、漫画家・ライターの田房永子氏が、痴漢常習者の心理に迫る対談です。
痴漢-
抜粋) 斉藤「痴漢加害者の多くは、どこにでもいる、普通のビジネスマン。実際は、ストレスへの対処行動であるケースのほうが多い。逮捕されない限り、彼らは痴漢をやめません。行動変容しないんです。」
「性犯罪は追求すればするほど減る」
痴漢が生き甲斐ってなんぞや。と思ったけど読んだら納得感
被害者が人間でないという認知の歪みを抱えているのは男女ともにいるけれど、筋力弱くて抵抗しづらい女性は多いしなぁ、って。日本だと、まだ、男性に異議を唱えることに心理的抵抗がある女性も多いだろうし。 / “痴漢はペニスだけの問題では…”
期待していなかったがとても良い記事だった。
病院で再犯防止プログラムをされている斉藤氏と田房さんの対談。加害者にとって痴漢は、性欲、レジャー感、イジメ、ギャンブル性などが備わった複合的快楽であり生きがいだそうだ。…。
『痴漢加害者約200名を対象にした調査で、痴漢中に勃起していたかどうかを尋ねたところ、半数以上が「していない」と回答しました。つまり性欲の問題だけではない』そうなんだ。。。
「痴漢というのは〈性欲〉だけではなく〈釣り的レジャー感〉と〈反撃してこない相手に好き勝手するイジメ〉と〈ギャンブル性〉と(略)〈チキンレース性〉も備わった複合的快楽による犯罪」『 - サイゾー: 』
この男性、レイプ被害を扱った映画『月光』でトークゲストに来ていた方ですね。性犯罪の加害者の治療に取り組むクリニックの話で、とても興味深かった。
痴漢する人ってつまり依存症ってことですね。
痴漢って依存症だったんだ・・・
こっちが前半
こういうのを解決するフェチありませぬか?
これ、痴漢に限らず困った鉄オタさんとかも当てはまりそうだなあと読んでて思った。
「痴漢中に勃起していたかどうかを尋ねたところ、半数以上が「していない」と回答しました。つまり性欲の問題だけではないということです。」
性的嗜好大事典には、「満員電車での痴漢行為」がマゾヒズムと似た機序を持つことが書いてあるのだよな。「痴漢は全員勃起しているわけではない」を読むと、確かにそう思うな
“ストレスへの対処行動であるケースのほうが多い/スリルやリスクを冒してまで成功した達成感や、抵抗してこない相手を支配・征服した優越感に浸れるとか。/日ごろのストレスを忘れる”
“痴漢は、性欲、レジャー感、イジメ、ギャンブル性などが備わった複合的快楽”
膜理論に続く納得感
これ前後編全部読んで欲しい。
 誤解している加害の実態
20行くらいで読む気失せたけど、痴漢ってヤツらは頭のネジがもう空転して締まらなくなってんじゃないの?終わってるわ…
痴漢は生きがいだったのか!!!衝撃的な記事だな→
「痴漢は性欲、レジャー感、イジメ、ギャンブル性などが備わった複合的快楽」

田房永子氏×斉藤章佳氏対談(前編)
二桁の痴漢から直接話を聞いたことがあるが、納得出来る内容。
後半、期待して待つ
チカンについての記事を読んで、あまりの凄まじさに絶句しました。

これは根が深すぎます。



風俗の依存は、本人と周りの力で乗り越えられます。自分がいかに恵まれているかにも気づきました。

ただ、チカンは本当に卑劣で許せません。
@cyzowomanさん
犯罪者の大半が警察に捕まって「運が悪かった」という。独房に入って泣きじゃくる。慣れが一番恐ろしい。
気が重いけど読む価値ある「通報した人は、それが誤報であっても責められない体制にしないといけないですね。イギリスではそのような体制が整備されつつあり、通報件数と逮捕件数が30%増加したそうです。すべて構造上の問題」
私は自分の立てた、痴漢加害者の心理に関する仮説が正しいかどうか気になってたけど、よく考えたらそんなの警察や鉄道会社がやるべき仕事なんだから、被害者である私が仮説を立てたり検証すること自体がおかしい、といま気づいた。
「男」が「女」(に限らず、自分よりも「弱い」と見做した相手)に行う嫌がらせは、他人(状況を含む)への支配感=全能感を感じたいがため、と考えるとほとんどの場合納得いく。
【坊主メモ】山田壮太郎氏。本人写真が気になって記事のタイトルはあまり気にならなかった俺。→
これも辿ると同じ、今の日本社会に問題ありってことなのかい…
「痴漢はペニスだけの問題ではない」というパワーワード
釣りが男の趣味と言うのも頷ける。
田房 わかります。痴漢って、イジメなんですよ。困っている相手を見て気持ちよくなるって、イジメの快楽ですから。
こういう考察をもっと深めて、広めるべきだと思う。身近にある卑劣な「犯罪」なのに、軽視されすぎ。
加害者側にもやめるきっかけが必要だと思う。
痴漢の動機に占める性欲の割合が思っているより全然小さいみたい
えー。性犯罪者は全員去勢してしまえばいいのに、と思ってたけど、性欲だけの問題ではないのか。生きがい、て。。
痴漢 
性欲を満たすことよりも,ドキドキ感や達成感がたまらず,何百回、何千回も繰り返す男達 
すでに痴漢が「生き甲斐」になっており,やめるなんて絶対にあり得ない。
なるほどと感じさせる記事ですね。このような客観的分析とその治療の議論をもっとしないといけない。 //
"痴漢加害者約200名を対象にした調査、半数以上が「痴漢中に勃起していない」と回答。実際は、ストレスへの対処行動ケースが多い。痴漢でスリルやリスクを冒してまで成功した達成感や、抵抗してこない相手を支配・征服した優越感に浸れるとか。”
>「性欲」だけではなく「釣り的レジャー感」と「反撃してこない相手に好き勝手するイジメ」と「ギャンブル性」と、
>「チキンレース性」も備わった複合的快楽による犯罪なんだと
"痴漢は全員勃起しているわけではない……驚きました! 鉄道各社は、この情報こそポスターにして貼り出したほうがいいですよ。" /
“性欲の問題だけではない”“性欲が強すぎて、あるいは性的に満たされていなくてやっている人のほうが、本質的には少ないかもしれません”
担当記事 サイゾーウーマン 8/9
性犯罪加害者再犯防止プログラムのプロと、田房永子(@tabusa)さんの対談。「痴漢にとってその行為は何なのか」から始まります。
ーーー
以上

記事本文: 痴漢はペニスだけの問題ではない 誤解している加害者の実態(1/2)|サイゾーウーマン

関連記事