TOP > エンタメ > 不登校ユーチューバーゆたぼんに加藤浩次「YouTubeがんばれ」とエールも、小学生「つまんない」|日刊サイゾー

不登校ユーチューバーゆたぼんに加藤浩次「YouTubeがんばれ」とエールも、小学生「つまんない」|日刊サイゾー

14コメント 登録日時:2019-05-15 20:36 | 日刊サイゾーキャッシュ

不登校ユーチューバーゆたぼんに加藤浩次「YouTubeがんばれ」とエールも、小学生「つまんない」(1/2)に関する記事ページ。芸能界のニュース、特にジャニーズ、アイドル、グラビア、映画業界の裏側、政治問題とその実情などをどこよりも早くお届け。...

Twitterのコメント(14)

中二病キッズより17歳長女がどうなったのかが気になるわw
不登校で毎日遊んでるだけの奴が、遠足だけ参加してみんなに受け入れてもらえるとは到底思えないけど
子どもの意見を一人の人間として尊重するのも大事だけど、諭すことも大事。誰もそれをしてあげないのか?
ホリエモンの考えを真に受けると、学校行かないでいいと思うけど自分の経験からすると、小中高は楽しい事も辛い事もいい思い出だったから、行った方がいいに賛成。
こうゆう奴が社会を堕落させる。

「嫌だから行かない」そんなのが許される社会などどこにもない。

世界には勉強できずに生きるために働いている子供がいる。
その子らに向かってこいつは「つまらないから学校なんて〜」と同じ事を言えるのか?

#ゆたぼん
ちゃうねんて。学校行ってる奴の中でもこういう人間出てくるのにさ、これ真に受けて行かなかったらどれだけの社会不適合者が出来上がんねんって話なわけさ。
この点先に気づけたゆたぽんは凄い
人生無駄にしない

最もこれは時代による

多数派の人と違う生き方をするのは時に苦しいから

でも多数派が幸せでない今は正解
なんか色々とズレすぎてないか?一番問題なのは、親が義務教育を放棄してることだろ。他の学校に行かせるという選択肢すら考えられないようなのが親だと子供も大変だよな。10歳にもなれば自分で考える知恵くらいあるハズなんだが、親がコレじゃ仕方ない。
いじめや家庭環境で行きたくても行けない人と、この人のような単に行きたくない人とは区別して考えたいです。義務(教育)はきっちりこなしてから権利(自由)を主張すべきだと思います。
【胸苦速報】10歳YouTuberゆたぼん「学校に我慢して通ってもニートになる人達がいくらでもいる」 [
これだけ趣味が多様化してる時代に学校生活というのはごく少ない共通体験。それを拒否して本当にYouTubeのビュー数伸ばせるのか見てみたい。
気にならない、スルー、は今回、嫌なことから目を背けてる、に見える
麦わらのルフィにでも憧れてんの?
小学生YouTuberが話題に。
でもやっぱ学校は行かないとダメなんじゃないかな。義務教育だし。
多様な生き方結構。でもそれはルールを守った上での事。

オッサンの意見としては、今になってもっと学校で遊び学んでおけば良かった。そう思う。行かないと後悔すら出来ないぞ!
以上

記事本文: 不登校ユーチューバーゆたぼんに加藤浩次「YouTubeがんばれ」とエールも、小学生「つまんない」|日刊サイゾー

関連記事