TOP > エンタメ > 殺人未遂容疑で逮捕の”綾瀬コンクリ殺人事件”元少年「いま思えば人間だとか思ってなかった」|日刊サイゾー

殺人未遂容疑で逮捕の”綾瀬コンクリ殺人事件”元少年「いま思えば人間だとか思ってなかった」|日刊サイゾー

殺人未遂容疑で逮捕の”綾瀬コンクリ殺人事件”元少年「いま思えば人間だとか思ってなかった」(1/2)に関する記事ページ。芸能界のニュース、特にジャニーズ、アイドル、グラビア、映画業界の裏側、政治問題とその実情などをどこよりも早くお届け。...

ツイッターのコメント(17)

風化させてはいけない
命を奪った者は命を持って償って欲しい。被害者遺族はそれでも報われないんだから。
自分も被害者的な言い方は、コイツら鬼畜には通用しないと思うよ。
これ結構前だけどもう1人も脅迫拉致監禁みたいので逮捕されたんだよね

当時は同年代かつ近所で起きた事件てことで本当に恐ろしかった

遺棄現場はいまの若洲周辺
犯行グループの1人であった少年Cが、殺人未遂容疑で逮捕されたのだ(参照記事)。

 実はこれまでにも、元少年4人中2人が再犯で捕まっている。
更生なんかしないから。
女子高生にほんとに悪い事したって思うなら再犯する?普通
殺人罪は大人と同じ処罰で良いよ。人を傷つけたらいけないなんて、うちの2歳の子供でも分かってる。
残忍、冷酷非道な事件でしたね→
戦後の混乱期の少年とは今の子は明らかに違う。食べる物が無くて罪を犯してた子とは違う。年齢引き下げも必要!/
「「更生」を前提にした少年法に守られた少年たちだったが、出所後の彼らの人生は、その期待を裏切るものだったと言わざるを得ない」
少年法を擁護するサヨク弁護士共のせいで野獣が解き放たれ一般人が被害にあった
主犯格の少年の家が共産党員だったのも書かないとダメだろ。
これが共産主義者。爺長さんも最期まで利用され残り少ない人生の身を削った。
同和地区の新興住宅地の頃を思い出さない日は無いが、それだけ共産主義の狂気は日本に蔓延している。
鬼畜の以外何「物」でもないが、生い立ちも含め負の連鎖のはけ口になってしまった。幸せな人誰一人居ない。今も鬼畜が何処かにいる。

”綾瀬コンクリ殺人事件”元少年の4人中3人が再犯!「いま思えば人間だとか思ってなか
少年法ってホントに誰のための法律なん?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR