TOP > 国際 > CNN.co.jp : トルコにロシアの地対空ミサイルシステムが到着

CNN.co.jp : トルコにロシアの地対空ミサイルシステムが到着

18コメント 登録日時:2019-07-12 17:43 | CNN.co.jpキャッシュ

トルコ国防省は12日までに、ロシア製の地対空ミサイルシステム「S―400」の装備品が首都アンカラに到着したと明らかにした。...

Twitterのコメント(18)

ロシア製システムの購入決定は、ロシアのプーチン大統領とトルコのエルドアン大統領の関係を強める一方、米国とトルコの関係を後退させる結果となる。
東地中海キプロス沖で、ガスで発見。トルコが所有権を主張、防衛には米製では機能停止恐れて、ロシア製システムの購入決定。米国とトルコの関係を後退させる結果となる。
トルコ国防省は、ロシア製の地対空ミサイルシステム「S―400」の装備品が首都アンカラに到着したと明らかにした。CNNから。
「米国とトルコは共に北大西洋条約機構(NATO)の加盟国だが、シリア情勢などを巡り対立」
ロシア製システムの購入決定は、ロシアのプーチン大統領とトルコのエルドアン大統領の関係を強める一方、米国とトルコの関係を後退させる結果となる。米国とトルコは共に北大西洋条約機構(NATO)の加盟国だが、シリア情勢などを巡り対立していた。 @cnn_co_jp
トルコ国防省は12日までに、ロシア製の地対空ミサイルシステム「S―400」の装備品が首都アンカラに到着したと明らかにした。
これでうかつに戦闘機による攻撃ができません。撃墜されるのがオチでしょう。
前にもツイートしたのですがロシアの中にはトルコ系の国がいくつもあって独自の交流もあり、元々ロシアとトルコには強い結びつきがあります。
すんげえデザイン、さっすが、ロシアじゃっっっ。/


着いたか、、、

トルコ国防省はロシア製の地対空ミサイルシステムS-400が首都アンカラに到着したと明らかにした

ロシア製システムの購入決定はプーチン大統領とエルドアン大統領の関係を強める一方、米国とトルコの関係を後退させる
ロシア裏切ったら遠隔で爆発しそう
トルコ国防省は12日までに、ロシア製の地対空ミサイルシステム「S―400」が首都アンカラに到着したと明らかにした。

ロシア
人を自由にする情報メディアン トルコ国防省は12日までに、ロシア製の地対空ミサイルシステム「S―400」が首都アンカラに到着したと明らかにした。

ロシア
以上

記事本文: CNN.co.jp : トルコにロシアの地対空ミサイルシステムが到着

関連記事