TOP > 海外ニュース > CNN.co.jp > CNN.co.j...

CNN.co.jp : 屋上のミツバチは生き延びた、ノートルダム大聖堂火災

17コメント 登録日時:2019-04-20 13:52 | CNN.co.jpキャッシュ

フランス・パリのノートルダム大聖堂の屋上で飼われているミツバチが、15日の大規模火災を生き延びていたことが分かった。飼育を手掛ける養蜂家の男性がCNNに明らかにした。...

Twitterのコメント(17)

良かったねぇ。えらいねぇ。
1つの巣箱から年間25kgのハチミツがとれるそうです。
無事でよかった(*^^*)
え!フランスでは数百の建造物の屋根で養蜂してるって。正に花の都
興味深いね。>
良かった「ミツバチは私たちのような肺を持っていない」
パリのノートルダム大聖堂の屋上のミツバチが、15日の火災を生き延びていた。2013年から巣箱3つが設置され、各巣箱には約6万匹がいる。場所は聖具室の上で、火の手が広がった大屋根の30m下:
養蜂家のジェアンさん‥
いい話。ノートルダムの屋上で養蜂してたのは驚いたが😲
無事やったんか‼️😭🙏🙏
ノートルダム大聖堂では巣箱3つに約6万匹がいる。場所はステンドグラス「バラ窓」の下方にある。ジェアンさんは巣箱が火災を免れた理由について、火の手が広がった大屋根の30メートルほど下にあったことを指摘し、巣箱は木製のため、火の中にあれば延焼してだろうと
/おおおおうぅ~ぅ、無事だったってえ~其れは、良かった、良かった、素晴らしい😀👏👏👏👏👏❣️
ジェアンさん…笑
屋上のミツバチは生き延びた、ノートルダム大聖堂火災|CNN ジェアンさんは巣箱が火災を免れた理由について、火の手が広がった大屋根の30メートルほど下にあったからだと指摘。巣箱は木製のため、火の中にあれば延焼していただろうとの見方を示した。
フランス・パリのノートルダム大聖堂の屋上で飼われているミツバチが、15日の大規模火災を生き延びていたことが分
人を自由にする情報メディアン フランス・パリのノートルダム大聖堂の屋上で飼われているミツバチが、15日の大規模火災を生き延びていたことが分
以上

記事本文: CNN.co.jp : 屋上のミツバチは生き延びた、ノートルダム大聖堂火災

関連記事