TOP > 国際 > CNN.co.jp : マクロン氏、ナショナリズムを批判 トランプ氏出席の式典で

CNN.co.jp : マクロン氏、ナショナリズムを批判 トランプ氏出席の式典で

25コメント 2018-11-12 10:52 | CNN.co.jpキャッシュ

マクロン仏大統領は11日、第1次世界大戦終結から100年を記念するパリでの式典で、自国の利益を優先するナショナリズムへの流れを批判した。式典には「米国第一」主義を掲げるトランプ米大統領をはじめ、各国首脳らが出席した。...

ツイッターのコメント(25)

「ナショナリズムは愛国心への裏切りだ。自分たちの利益が第一、他国はどうでもいいと言い放つことは、国家が大切にしているもの(中略)を消し去ることになる。それは国家の倫理的価値観だ」と述べた。
これを持ち上げていた左翼な人はナショナリズムのデモは悪いデモの扱いのようだ。
マクロン、ナショナリズムを批判(≒自国民を優先しない)しながらルノーの件を見れば富裕層だけは優先しているわけで、そりゃ指示されるわけないよなあ。/
WW1終結100年式典で、何か「マクロンvsトランプ」みたいなさや当てがあったと報じる記事だけど、WW1で仏を勝利に導いたクレマンソーという人物は、まあトランプ的だとは言わないけれど、少なくともマクロン的な人ではあまりなかったところが何だか面白いですよね。
日本の首相は、コレ何言ってんのかも理解できず、同じ文をルビつけた原稿ですら読めないだろうな。アレルギー反応出て。
かっこいい。 / “35128467.html”
マクロン氏「愛国心とナショナリズムは対極に位置する」
そのとおりだと思う
トランプ大統領は北朝鮮拉致問題やウイグルのことにも力を注いでくれているけど、フランス、マクロンは世界の為に何かしてくれているのか?こういう口だけ正義の首脳は混乱を招くだけで何の役にも立たない。最近のドイツ、フランスはちょっと情けない。
この人はなかなかの人物なのかも。
「ナショナリズムは愛国心への裏切りだ。自分たちの利益が第一、他国はどうでもいいと言い放つことは、国家が大切にしているもの、国家に命を与えるもの、国家を偉大にする本質的なものを消し去ることになる。それは国家の倫理的価値観だ」 @cnn_co_jp
欧州がNATOで米の提供する防衛力にフリーライドしてきたこともこれに該当するんやぞ→「自分たちの利益が第一、他国はどうでもいいと言い放つことは」
11日 > トランプ氏はその後、パリにある戦没米兵の墓地を訪問した。演説ではマクロン氏に反論せず、戦没者をたたえる言葉を簡潔に述べた。
フランスのマクロン首相
「ナショナリズムは愛国心への裏切りだ。自分たちの利益が第一、他国はどうでもいいと言い放つことは、国家が大切にしているもの、国家に命を与えるもの、国家を偉大にする本質的なものを消し去ることになる。それは国家の倫理的価値観だ」と述べた。
本音と建前とフェイクニュース?
>自分たちの利益が第一、他国はどうでもいいと言い放つことは、国家が大切にしているもの、国家に命を与えるもの、国家を偉大にする本質的なものを消し去ることになる。それは国家の倫理的価値観だ
@cnn_co_jp WW1の記念式典が行われる場所は、やっぱりフランスなんだなあ
「ナショナリズムは愛国心への裏切りだ。自分たちの利益が第一、他国はどうでもいいと言い放つことは、国家が大切にしているもの、国家に命を与えるもの、国家を偉大にする本質的なものを消し去ることになる」
「昔の悪霊がよみがえり、混乱と死を招こうとしている」「歴史は不吉な道を再びたどろうとすることがある」→日本にも言える事だよ。
我が国のトップにはムリだよなぁ....(涙)
マクロン氏のいうとおり。
また若造が大親分に逆らったな(笑)。
人を自由にする情報メディアン マクロン仏大統領は11日、第1次世界大戦終結から100年を記念するパリでの式典で、自国の利益を優先する
以上
 

いま話題のニュース

PR