TOP > 国際 > CNN.co.jp : 世界の飢餓人口が増加、気候変動など影響 国連報告書 - (1/2)

CNN.co.jp : 世界の飢餓人口が増加、気候変動など影響 国連報告書 - (1/2)

11コメント 2018-09-12 18:32 | CNN.co.jpキャッシュ

世界の飢餓人口はかつての減少から増加に転じ、10年前のレベルに戻りつつあることが、国連による最新の報告書で分かった。増加の主な原因は、気候変動が農業に及ぼす影響とみられる。 - (1/2)...

ツイッターのコメント(11)

アジアの飢餓人口は約12%とある。アフリカは喧伝されてるが、アジアの状況はどうなってるんだ?> @cnn_co_jp「飢餓人口」増、8億1500万人 中東・アフリカの紛争が影響 16年、WFPなど報告:朝日新聞
もう世界では地球温暖化の影響とは言わず気候変動の影響というようになった。
日本の食糧自給率(カロリーベース)38%で最低更新中♪貧乏国に転落すれば、幾らマヌケな日本の土人でもどうなるか分かるだろう。とっととカジノを拡大しろ。:
"世界の飢餓人口はかつての減少から増加に転じ、10年前のレベルに戻りつつあることが、国連による最新の報告書で分かった。増加の主な原因は、気候変動が農業に及ぼす影響とみられる"
世界の発育不全の子どものうち、アフリカが39%、アジアが55%を占めている。報告書によると、南米とアフリカのほとんどの地域で事態が悪化する一方、アジアでの栄養不良は目立って改善していた。
@cnn_co_jp 世界の飢餓人口が増加、気候変動など影響。世界の飢餓人口はかつての減少から増加に転じ10年前のレベルに戻りつつあることが、国連による最新の報告書で分かった。増加の主な原因は、気候変動が農業に及ぼす影響とみられる。 #cnn_co_jpより
世界の飢餓人口はかつての減少から増加に転じ、10年前のレベルに戻りつつあることが、国連による最新の報告書で分
人を自由にする情報メディアン 世界の飢餓人口はかつての減少から増加に転じ、10年前のレベルに戻りつつあることが、国連による最新の報告書で分
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR