TOP > 国際 > CNN.co.jp : 米空軍、F35の飛行を一部停止 パイロット酸欠で

CNN.co.jp : 米空軍、F35の飛行を一部停止 パイロット酸欠で

31コメント 登録日時:2017-06-10 13:28 | CNN.co.jpキャッシュ

米空軍は9日、アリゾナ州ルーク空軍基地に所属する最新鋭戦闘機F35でパイロットが酸素不足に陥る事例が5件発生したことを受け、同基地のF35全機の飛行を一時的に停止したと明らかにした。10日には飛行を再開する見込みだとしている。空軍報道官は声明で、パイロット5人が低酸素症のような症状を示したと公......

ツイッターのコメント(31)

@afpbbcom “アリゾナ州ルーク空軍基地に所属する最新鋭戦闘機F35でパイロットが酸素不足に陥る事例が5件発生したことを受け、同基地のF35全機の飛行を一時的に停止した”
日本はこの問題を解決して飛ばしたのか?
2年の事だけど どんな対策をしたんやろな…
@SatoMasahisa
>米空軍は9日、アリゾナ州ルーク空軍基地に所属するF35で
>パイロットが酸素不足に陥る事例が5件発生したことを受け、
>F35全機の飛行を一時的に停止したと明らかにした。
F35の酸欠を起こす欠陥は本当に完全に解決したのか?→
@asuka_SGP @yume_affluence 一体何時の話をしてるんですか
その問題は2017年の6月には改善されています
デマを広げないでいただきたい
そもそも最新鋭機は初期不良が必ず起きます
徐々に改称されていくのが普通です
F35Aは最新鋭機としては2016年の運用から墜落事故がなく安全な機体といわれています
空自もこの件は把握しているとは思うが、今回の墜落でパイロットの身に何か問題が起こっていたのではないか?というところも気になります。脱出の形跡も無いようですし。
2017年の事例ではあるけれど、もう一度、設計を見直して、人間に合うように作るべきじゃないかなぁ。
@1unitSol @ALICE9103 アメリカ側でこんなこと起こってたみたいで
2017年のF-35
@RX78_2_tiger1 呼吸もできず、脱出もできず、F-35は空飛ぶ棺桶か。
防衛省、他のF-35は飛行停止に。
自衛隊機墜落も同じ原因か?
もしそうでないとしても、この機体は966もの欠陥が指摘されているわけで、1機100億以上で150機も購入した日本政府がおかしいことには変わらないけど。
飛行機の場合、パイロットが気を失ったら自動操縦に切り替わる機構とか難しいのかな。

行方不明になった三沢基地のF35Aはパーツが発見されたとのニュース。

2017年に米軍でF35A搭乗中に低酸素症らしき症状が5人に発生、F35Aの飛行を停止したとの報道も。

酸素供給システムに排気ガスが混入して判断力の低下などを引き起こす。
F22でも2011年に墜落。
2年前の記事だけど、まだ改善してないのこれ?
2017年のこれか。もう直したんだろうか?
日本が来年3月迄に28機を発注、最終的に42機取得する 絶縁体のトラブル、射出座席のトラブルに続いて
アリゾナ州ルーク空軍基地でパイロットの酸欠5件、飛行停止
へ、設計ミスか製造ミスか、実績があるモジュールから変更するからw
→ F22でもあったよね
F-22でも似たような騒動なかったっけ?
そういうことが起きないように処置はしてあると思ったんだけど…
空自も購入するんだよね、この機種→
あれま・・・・ダイリューター・デマンド・レギュレーター不良?
ソースは液体酸素でしょうから?
拡散希望
「 パイロット酸欠で」 また、射出座席の問題を受けパイロットに体重制限を課す措置も取られていたが、空軍は先月、この問題を解決したと発表した。
@cnn_co_jp F-22でも同じような不具合があったような。なお今回のF-35飛行停止措置はルーク基地所属機のみ。
以上

記事本文: CNN.co.jp : 米空軍、F35の飛行を一部停止 パイロット酸欠で

関連記事