TOP > 海外ニュース > CNN.co.jp > CNN.co.j...

CNN.co.jp : 英ヴァージン航空が「プライド便」運航、乗員全員LGBT

33コメント 登録日時:2018-10-11 17:42 | CNN.co.jpキャッシュ

英ヴァージン・アトランティック航空は、米ニューヨークで来年開かれるLGBTなど性的少数者の誇りを象徴するイベント「ワールドプライド2019」に合わせて、初の「プライドフライト」を運航する。...

Twitterのコメント(33)

なんか面白そう笑
乗ってみたい😍😍
どう見ても絶対機長もゲイでウハウハ
たのしそう、のりたい!
わざわざやることでは。って指摘もあるかも知れないけど、添乗員の方が嫌な思いすることなく出来るならよいイベントだと思う〜。
ダイバーシティとはこういうことだ( ´Д`)y━未開な本邦には真似はできない。
「英ヴァージン・アトランティック航空は、米ニューヨークで来年開かれるLGBTのイベント「ワールドプライド2019」に合わせて、操縦士も客室乗務員も全員がLGBTの「プライド便」の運行を発表した」→
かっこいいなー!
LGBTといってもそのカテゴライズは19とか58とか言われる。LGBTのカップルでも、他のカップルに理解があるとは必ずしも言えないのでは? つまり、LGBTだけ集めてみましたって企画を素直に喜べるのか?と思っちゃう。/
えーーー!
これ絶対おもろいやん😍
何をもって「生産性」とするかは別にして、操縦士やフライトアテンダントは、高度な職業能力や人権感覚を要する、付加価値の高い仕事をされる方々ですね。政治家も、ちゃんと仕事をすれば、付加価値は高いはずですが
プライド便は2019年6月28日にロンドンのヒースロー空港を出発する。運賃はエコノミークラスで380ポンド(約5万6000円)から。収益金の一部は英国のLGBT支援団体に寄付する。

恐いお😨😨😨
英ヴァージン・アトランティック航空は、米ニューヨークで来年開かれる「ワールドプライド2019」に合わせ、初の「プライドフライト」を運航。
操縦士も客室乗務員も全員、LGBTのスタッフが乗務。
→可視化することで、社会は変わっていく。運賃の一部は寄付も。
JALも真似してほしいわ😌
この写真がいかにも「ゲイ=明るい」みたいな偏見を助長させる感じで、むしろLGBT当事者からいろいろ言われそうな……考えすぎだろうか。
な、なんかすごい・・・。
オネエのCA? 嘘だと思いたい(ー ー;)
関係ないや、好きにすれば
さすがVS! しかし日本撤退は本当に残念だったなぁ〜|
この洒落っ気と本気度!
やっぱり外人カッケー😍👍
流石カルチャー・クラブで大儲けした会社の
真面目な企画かと思って「なんだ、その髪型は」ってイラっとしたけど、まぁお遊びなら・・・・・・
「英ヴァージン・アトランティック航空は米ニューヨークで来年開かれる(略)イベント「ワールドプライド2019」に合わせて初のプライドフライトを運航」「ロンドンとニューヨークを結ぶ便で1回のみの運航。操縦士も客室乗務員も全員、LGBTのスタッフが乗務する。 」
『ジュディ・ガーランドの歌や機内お見合いパーティー、ドラッグクイーンビンゴなど…』

ドラァグクイーンビンゴって😻

「英ヴァージン航空が『プライド便』運航、乗員全員LGBT」
さすがVS(≧∇≦) これ乗りたい→
楽しげ!乗務員全員LGBT
英ヴァージン・アトランティック航空は、米ニューヨークで来年開かれるLGBTなど性的少数者の誇りを象徴する
人を自由にする情報メディアン 英ヴァージン・アトランティック航空は、米ニューヨークで来年開かれるLGBTなど性的少数者の誇りを象徴する
こういう対応などをするからヴァージンアトランティックを支持する人がいるのよね。当然、支持っす。
以上

記事本文: CNN.co.jp : 英ヴァージン航空が「プライド便」運航、乗員全員LGBT