TOP > 国際 > CNN.co.jp : フェイスブックなどSNS、視野狭め偽情報拡散の一因にも 研究論文 - (1/2)

CNN.co.jp : フェイスブックなどSNS、視野狭め偽情報拡散の一因にも 研究論文 - (1/2)

75コメント 登録日時:2017-01-23 14:19 | CNN.co.jpキャッシュ

フェイスブックなどのソーシャルメディア(SNS)はユーザーの世界を広げるどころかむしろ視野を狭めさせ、特定の先入観の形成を促し、それが誤った情報の拡散につながる――。イタリアや米国の研究チームがそんな論文を米科学アカデミー紀要に発表した。研究チームはデータモデリングの手法を使って、陰謀説と科学情......

ツイッターのコメント(75)

「確証バイアス」
でも、確証バイアスがかかるのは仕方ないこと。

だってSNSというのは、自分に近しい人や好きなものと触れ合えるのが強みであり、楽しいのだから。

だから、まずは「バイアスがかかる」ということを理解しておくというのが、とりあえずできること

詳しい記事はこれ
SNSで視野が狭まり、偽情報を拡散する原因に
確証バイアスというキーワードが重要
興味深いけど、最初から陰謀論を見ていけばそういう結論に偏るのでは。あとで読む。
CNNはじめNHK、大手メディアの情報を鵜呑みにしてはいけない。SNSなどから情報を得て、自分で分析することが大切です。ネットでは多種多様な双方向の情報交換が常時行われています。 メディアは軍産複合体のスピーカーです。騙されないで。
同化する事に安心を感じる。デマもこの延長線上で拡散されていく。「ありがちな結果として、均一的で偏向した集団が形成される」/
これは本当にそう -
SNSを視野拡張のためではなく、特定志向の情報入手のために利用するならば、ネトウヨ/オルタナ右翼を増やしてしまう結果になるのは当然だな。/
様々な考えをお持ちの方々をフォローしてるつもりですが、確かに偏向になりがちですね。
SNSに対する「自分が所属するグループの中で既に受け入れられている概念を再確認したり…」は、そうかもしれないけど、CNNなどの大手メディアに対しても、「自分が所属する会社の中で…」と、言い換えることができるのでは?
ソーシャルメディアのユーザーは、異論をはさんだり情報を提供したりするためではなく、自分が所属するグループの中で既に受け入れられている概念を再確認したり同意したりする目的で情報を共有している。
テレビや新聞よりマシやけどな
「ユーザーは既に出来上がっている信念を裏付ける情報を検索し、解釈し、思い起こす傾向がある」と述べ、「確証バイアス」と呼ばれるその現象が…
これじゃ、実名登録の意味がないだろうな… →
ほんまこれ、ほんまに
「ソーシャルメディアのユーザーは、異論をはさんだり情報を提供したりするためではなく、自分が所属するグループの中で既に受け入れられている概念を再確認したり同意したりする目的で情報を共有している公算が大きい」
googleの検索履歴から興味のありそうなジャンルだけ表示するの
止めてくんないかなぁ・・・
「共有する前に自分で事実関係を確認し、自己分析を行う必要がある」


(哲学の時代ですよ)
「私たちは自分の考え方を裏付ける内容を見ると、それを気に入って共有したいと思う。私たちの認知資源や注意力、時間は限られている」/
これはFBに限らずCNNも含めすべてのメディアの問題だろ。。。>>>
確かにこれはある→引用「ソーシャルメディアのユーザーは、異論をはさんだり情報を提供したりするためではなく、自分が所属するグループの中で既に受け入れられている概念を再確認したり同意したりする目的で情報を共有している公算が大きい。
facebookページを維持するためだけに残っている個人アカウントですが

個人アカウントなしでfacebookページを持てるようにして欲しいです。。
使う側がそれを自覚して情報を得るにはいいツール。ずっとツイッターを放置してたけどJGさん情報集めだしてからその利点も理解できるようになった。使い方次第だよね❤️「フェイスブックなどSNS、視野狭め偽情報拡散の一因にも」
自分のために、スマホからちょっと離れよう!

→【 研究論文】
2017年1月23日配信CNN記事。はてブで「PNASで元の論文が見つからない」というコメあり。探したら(次ツイート参照)、2017年じゃなく16年のPNASでした
ところで「ロシアが サイバー攻撃して 選挙に 介入」「ロシアが トランプの よわみを にぎっている」とかいう バレバレの ウソ、陰謀説は どうなった?ロシア・中国・朝鮮・イラン・シリア敵視報道ばかりする ゴミ報道機関それがCNN。
「社会的均一性が情報を拡散させる原動力になっていることが示されており、ありがちな結果として、均一的で偏向した集団が形成される」どんどん進むよクラスタ化。
この記事を書いてるのがCNNってことは、大手メディアのニュースを見てそれを信じるように戻ってきなさいということ。情報収集の媒体が増えることは偏らない為に良いこと。もちろんSNSも含めて。 / フェイスブ...
SNSはフォローや友達の関係で人それぞれ違ったものを見ているという認識が大切。
フェイスブックは無理だけど、ツイッターはサブ垢作って違うタイムラインを作ることがオススメです。 / フェイスブックなどSN...
確証バイアスによるものとのこと。まぁ、そうだろうなぁ…と。
たしかに「確証バイアス」はあるだろうな。というか、その塊か。>
確かに論文にされると説得力があるなぁ… / (CNN/Y) 確かに「確証バイアス」は働いているかも知れない。
以前から懸念されていたことである。それが理由のない懸念でないことが科学的に立証されたと言うことだ。「確証バイアス」に注意だ。>
確証バイアスの罠…
「SNSのユーザーは異論を挟んだり情報を提供したりするためではなく、自分が所属するグループの中で既に受け入れられている概念を再確認したり同意したりする目的で情報を共有している公算が大きい」
@cnn_co_jp
これはあると思う。ただ、そもそも人間は自分の見たいものだけ見たがるもので、SNSはそれを容易にしているという感じじゃないかな。
トランプ大統領になってからそういう論調が出てきたことについて、何を今更としか思えない。
>ソーシャルメディアのユーザーは、異論をはさんだり情報を提供したりするためではなく、自分が所属するグループの中で既に受け入れられている概念を再確認したり同意したりする目的で情報を共有している公算が大きい。

知ってた。
「自分が所属するグループの中で既に受け入れられている概念を再確認したり同意したりする目的で情報を共有している公算が大きい。」だからグループ外から共感を得られないのよ。
SNSによる情報偏向化なんて今更では
結論ありきで情報選択する確証バイアスが「均一で偏向した集団」を形成するという指摘はあったが、それを裏付けた結果。問題は、これを読んで他の誰かではなく自分のことだと考えられるかどうか
フェイスブックなどのソーシャルメディア(SNS)はユーザーの世界を広げるどころかむしろ視野を狭めさせ、特定の先入観の形成を促し、それが誤った情報の拡散につながる――。
SNSはユーザーの世界を広げず、むしろ視野を狭めさせ、特定の先入観の形成を促し、それが誤った情報の拡散につながるとの研究。CNN日本版から。  ユーザーは特定の論調に関連したコンテンツを選んで共有し、それ以外は無視する傾向。
「SNSはユーザーの世界を広げるどころかむしろ視野を狭めさせ、特定の先入観の形成を促し、それが誤った情報の拡散につながる…」/
当たり前だよね。人は信じたいことを信じると言ったら身もふたもないけど。
いわゆる"エコー・チャンバー(Echo Chamber)"(内輪だけで偏った情報を反響し合うように共有すること)の問題。どう訳せばいいんだろ。⇒  研究論文|CNN
確かにそうなんだけど、特に「自己分析」っていうのは相当な腕力がいるんだよね。「自由意志」は、一瞬でも力を抜けばすぐ失われる。
>(SNSで情報を)共有する前に自分で事実関係を確認し、自己分析を行う必要がある。
「その種のガキ」が多いってだけでしょうね(笑) 類友で集まり、皆が同じ。それが定着し、ガキ共の世界では「常識」となるのかな?と(笑)
"ソーシャルメディアは「ありがちな結果として、均一的で偏向した集団が形成される」" /
至るところで見られる光景。「ソーシャルメディアのユーザーは、異論をはさんだり情報を提供したりするためではなく、自分が所属するグループの中で既に受け入れられている概念を再確認したり同意したりする目的で情報を共有している公算が大きい」
なるほど、確証バイアスがおおいに作用してるってことね。
そりゃあ信じない意見を言う人を片っ端からブロックして、自分の信じる意見だけを聞いていれば、視野狭窄にもなるさ。
これは立派な研究チームが発表するほどのモノなのか。「ネットは視野が広がったと錯覚するが、実は見たい情報しか見えてない」のは、日本の大半のツイッタラーが気づいてると思うが…。/
ほら、ツイッターでも選挙の度にいるだろ、自分のTLだけ見て「これが世論だ」「こんなに私と同意見の人ばっかりなのに」とか言い出しちゃう残念な人。
前から言われてはいたが。ツイッターも一緒か。
学問的価値は社会学か、行動の学問、情報の価値を論ずるのに必要性があるだろうけど。

そんなことは、知ってる。
@cnn_co_jp

昔から、デマや都市伝説は「根拠が無いのに、凄いスピードで広まる」ものなので…人間の性?

大手メディアの捏造問題もあるし、SNSの勢いは衰えないでしょう
◯◯と◯◯は同一人物!って言って盛り上がってた人たちを思い出した。>
ソーシャルメディアのユーザーは、異論をはさんだり情報を提供したりするためではなく、自分が所属するグループの中で既に受け入れられている概念を再確認したり同意したりする目的で情報を共有している公算が大きい
 (続
Facebookで確証バイアスしちゃおう!
ソーシャルメディアが構築する情報環境の問題点については授業でよく話しています。この記事のように最近では世界中の研究者が検証作業をしています。
価値観の近い者同士が、わいわい盛り上げるだけになりがち。距離を保たないと。/
SNS、視野狭め偽情報拡散の一因にも (CNN.jp)


敢えて論文化しなくても最低限の”ネットリテラシー”を持っていれば当然の事ですよね。

単に"リテラシー"が未成熟なだけではないでしょうか?
人は見たいことだけを見、聞きたいことだけを聞く、、SNSで世界を拡げた後、
その世界から意見の合う人とだけ付き合うけど、それを世界と勘違いする→
以上

記事本文: CNN.co.jp : フェイスブックなどSNS、視野狭め偽情報拡散の一因にも 研究論文 - (1/2)

いま話題の記事