TOP > 国際 > CNN.co.jp : インドの俳優ラウル・ボーラさん、コロナで死去 最期の動画で医療批判

CNN.co.jp : インドの俳優ラウル・ボーラさん、コロナで死去 最期の動画で医療批判

28コメント 2021-05-11 17:38  CNN.co.jp

インドの俳優でSNSへの動画投稿でも知られたラウル・ボーラさんが、新型コロナウイルス感染症で死亡した。35歳だった。直前に撮影された動画で、入院先の医療体制を批判していた。

ツイッターのコメント(28)

ラウル・ボーラさんて「あなたの名前を呼べたなら」で
「メイドと恋愛なんてとんでもない」とアシュウィンを諫めてた友達役の方ですやん‼︎
まだお若いのにお気の毒に

インドの俳優がコロナ感染で死去 動画で入院先の医療体制を批判
かわいそうだけど、医療ウンヌン以前に、何かと行事でマスク無しでゴチャゴチャ人だかり、街もマスク無し、してても意味無い状態だった。人々の意識の低さが問題なのでは?感染しない方が奇跡な状態😭
最近では『あなたの名前を呼べたなら』で男性主人公の父親役(すみません、記憶にない)。ユーチューバーとしても活躍していたそうです。ラーフル・ヴォーホラー
インドの俳優ラウル・ボーラさん(35歳)、新型コロナで死去 

直前に撮影された動画で、入院先の医療体制を批判していた。フェイスブックへの投稿でも、最後に「もっと良い治療を受けていたら私は助かっただろう」と書き、モディ首相をタグ付けしていた。
享年35歳。医療崩壊の犠牲者かもしれないが、インド変異株が日本で猛威を振るう可能性もある。小林よしのり「コロナは基礎疾患のある老人を死に導いてくれる」などとほざいてる場合ではない。
◆CNN 5月11日

…インドの俳優でSNSへの動画投稿でも知られたラウル・ボーラさんが、新型コロナ感染症で死亡した。35歳だった。直前に撮影された動画で、入院先の医療体制を批判していた。
インドの俳優がコロナ感染で死去 動画で入院先の医療体制を批判
世界中で多くの人が亡くなってるなかでまだオリンピックなど考えてるなら頭おかしいとしか思えない。もう去年までの事態とは全く違い大惨事だというのにほんと驚く。
インドの俳優ラウル・ボーラさん
コロナで死去 
(CNN)5.11
何がショッキングって
まだ35歳って事でしょ。
医療崩壊しちゃうと
若い人もヤバい事になる。
平和ボケの日本人は
臨場感が無いから
目覚めないんだろうなぁ〰。
今は間違いなく“有事”ダヨ。
日本も同じことになってるのに、
政府は 海外に送ってしまった。

日本でも、自宅でどんどん苦しんで亡くなってるのに。

見て見ぬふりをする。

無能と言うより、税金の無駄遣いする人ごろ○だ!
年齢が若いといってももう油断は出来ないのかもだなぁ。
インドやばい
「35歳だった。」「もっと良い治療を受けていたら私は助かっただろう」

~酸素があっても、自宅や宿泊施設に酸素がないので大阪もインドも同じ。日本の酸素濃縮器をインドに送ると誇らしげな菅政府。
大阪の方が酷い?報道ってなに?って思うのが普通
35歳だった。インドでは新型ウイルスの感染が爆発的に拡大し、これまでに24万6000人以上が死亡している。
これが医療崩壊の現実。
「漣」この程度で何を騒ぐ‼️
日本国民を非難し馬鹿にする高橋木村そして橋下徹。
勝手にほざけ❗️
我々は当たり前の人間だ。この悲劇を想定し恐怖を抱いている。
生への飽くなき執着から。
この思いを非難され馬鹿にされる筋合いは一切ない。
35歳の若さ、インド株は若者限らず感染拡大します

「酸素は今、極めて貴重だ。これがないと患者は目を回して苦しむ」「付き添いの人を呼ぼうとしても来ない。1時間以上待たされるので、いない間は自力で何とかしなければならない」

インドの俳優ラウル・ボーラさん
新型コロナウイルス感染症
【インド】
~「酸素は今、極めて貴重だ。これがないと患者は目を回して苦しむ」~
同い年なんだが…35歳でも亡くなるのかよ。
35歳。最期の動画で医療批判

ボーラさんはフェイスブックへの投稿でも、最後に「もっと良い治療を受けていたら私は助かっただろう」と書き、モディ首相をタグ付けしていた
俳優ラウル・ボーラさん(35)
「酸素は極めて貴重だ~患者は目を回して苦しむ」「付添いの人を呼ぼうとしても来ない。1時間以上待たされるので、いない間は自力で何とかしなければ…」
「もっと良い治療を受けていたら私は助かっただろう」
5.11
俳優35歳。こんな若い人がコロナで命を落としているのか(インド)。
残念だな…
😭🇮🇳35歳のインドの俳優さんが・・・
インドの俳優でSNSへの動画投稿でも知られたラウル・ボーラさんが、新型コロナウイルス感染症で
■CNN
17:35
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR