CNN.co.jp : 牙のない雌ゾウが増加、密猟への遺伝的な反応で モザンビーク - (1/2)

66コメント 2021-10-23 13:01|CNN.co.jp

ツイッターのコメント(66)

こんな淘汰圧が生じるほどなのか。
象牙の印鑑。俺も持ってるけども。
すごい話

牙のない雌ゾウが増加、密猟に対応する進化
象牙の密猟者たちはゾウを殺して牙を奪うのですが、象牙狩りから身を守るためなのか牙を持たずに生まれてくるゾウが増えているという話。
生物が持つ種の存続への執着心のなせる業に驚くと共に、こんなに悲しい進化はないよなと思います。
「進化がこれほど早く進んだのは、牙のない雌の方が内戦を生き延びる確率が『はるか』に高く、
次世代に遺伝子を残せる可能性が『はるか』に高かったためだ」

象達は、長い間、象牙だけのために密猟者に追われ、
亡骸はその場に打ち捨てられてきた
象牙狙いの密猟により、牙のある象が姿を消し、牙のない象が増えているという話。
何か、日本人労働者の将来を見ているようで、悲しい。
ちょっと能力があるばかりに酷使され、婚期を逸する人が居るかもしれない。また、近頃の若者は、職場で重用されるのを好まないとか。
象牙の密猟で牙のない象が増えているというニュース。
拡大解釈して人間に置き換えると、『一定水準の良心を持つ夫婦の子供の数』<『そうじゃない子供の数』となってしまうことで、前者が淘汰される世の中に進化しないように、政治的になんらかの支援が必要だよね。
現代における進化の一例?
『牙のない雌ゾウが増加』
健全な状態ではない、と思いつつ…現状を踏まえるとどう捉えていいか分からない。
あー人間って進化にまで影響するほど、恐ろしい存在😰
牙のない雌ゾウが増加、密猟に対応する進化
牙のない雌ゾウが増えている

・内戦の資金集めにゾウ牙の密猟が続き、個体数は2000から250に
・牙の無い雌ゾウがたった30年で3倍増えた
・牙の無い方が生存確率5倍高い

つまりたった30年で人間がゾウを進化(退化)させてしまった
という事は…

ポケモン達も、強く進化するとトレーナー達に狙われてしまうので、
逆に弱く進化しだす可能性があるな。

_φ(・_・
牙の無い象が生き残って、その子供が多いからかな?
やべぇー
てか、反応早いな。
書いてあることは間違っていないしちゃんと読めばわかるのだけど、サイエンスコミュニケーション的にはあまり良くないのでは?と思ってしまう。“牙のない雌ゾウが増えた”のは密猟によって“牙のある雌ゾウが急減した”結果と考えるべきで、そこがうまく伝わっていない気がする。
進化ではなく淘汰なんだろうね。切ない。
すごい。進化のスピードに驚くとともに、それだけ密猟が横行しているという現実を実感...
「今回の分析では、牙のない雌のゾウは牙のある雌に比べ、上記の28年間での生存確率が5倍あまり高かったことが判明」以前も少し記事が出ていた牙なしゾウの話。サイエンスに論文が出たようです。ゾウのような生物でも急速にこういう変化が起きるんですね。
キリンの例え話じゃなくてこっちにすれば頑張れば進化できるみたいな誤解が少なくなりそう
📄 💬 進化というか牙がない個体が殺されないんだから当然の話
それを進化というんだろうけど
あまりにも悲しい
牙のない象が生き残り、その象が子供を産む。牙のない雌象が産まれた理由はそこかと。
雌雄のバランスがおかしくなってきそうな展開だな。→
牙のない雌ゾウが増加、密猟への遺伝的反応 「密猟のない環境でも牙のない雌のゾウは自然に生まれるが、少数にとどまる。1970年代のゴロンゴーザでは牙のない雌ゾウは18.5%だったが、30年後には51%に増えた」遺伝の影響が早すぎると思ったら最初から結構いた。
X染色体上にありヘテロなら牙のない個体が生まれホモ(もしくはXYのオス)なら致死という遺伝子が淘汰圧によって広がっているという記事
ヘテロの子がオスなら1/2で流産だけどトータルでは有利なのか
雌増えそう
牙が無いと生き残れる雌(密猟の非対称)その遺伝子で雌は増えるが、その遺伝子で雄は生まれない。遺伝子的に雄が弱いのは人間と同じか😖
ロング氏は「進化とは単純に、ある集団内で数世代にわたって起きる遺伝形質の変化のことだ。我々の研究結果で言うと、雌のゾウの間で牙がなくなる変化はこの定義に完璧に当てはまる」と語る
これを遺伝的な反応というのかな?単にそういう遺伝的特徴のある個体群以外が淘汰されたという話にも感じるけど、実際はもう少し複雑なんだろうか。
こんな遺伝の発現があるんだ
「淘汰」と言えるのか。人間の愚かさとそれをやすやすと超えていく種の強さだな→
アフリカでは象牙が標的となって、牙のある大量の雌象が殺された結果、遺伝的に牙のない雌象の生存確率が5倍にも達した。そして今、牙のない雌象が半数を占めるほどに変化しているという。象牙の国際的な違法取引の最大の市場は「中国」であることは指摘しておく必要がある。
これ見て「象が生き延びるために牙を捨てた」って言ってる人がいるけど、動物の進化は意志を持って行われるものではなくて、何らかの要因によって特定の遺伝子特徴を持つものが生存しやすくなって増えるっていう、結果的なプロセスなんだよね。だから象は完全なる被害者。
アフリカの国立公園で、牙がない雌のゾウが28年間で3倍以上に増加。
牙があるゾウは象牙目的で密猟対象となるため、生存したゾウの多くは牙がない個体。結果、牙がないゾウのDNAだけが次世代に引き継がれたというわけ。
人間の手による強引な進化って、最低な行為
<牙のない雌ゾウの割合が1972年から2000年にかけて3倍以上に…

この間、ゾウの個体数は約2000頭から約250頭に急減>

牙があると生き残れず、子孫を残せるのも牙のない個体ばかりか。
象は牙があるものだと思っていたけど、内戦で象の牙が密猟に遭い牙のない象が生き残った結果、いま生まれてくる象の半数以上は牙がないという遺伝的な進化を、人間がさせてしまったという本当に残念な話。
だいぶ前にナショジオで同じような報道を見た気がするけれど、それからも増えているのか。後半を読むと、将来的に雄の減少につながるのではないかという気がする。
動物はやはり進化していく生き物なのか
アフリカ・モザンビークのゴロンゴーザ国立公園で、牙のない状態で生まれてくる雌のゾウが増えている。科学者はこれについて、15年に及ぶ内戦で象牙目当ての密猟ががまん延したことへの遺伝的な反応との見方を示す。 公園内…
そのうち、象は牙がなくなるんだろうな。
密猟によるTuskerの減少とかにも関係してるよな。ゾウの牙は土を掘り起こして塩をなめたり、食べるための木の根を掘ったりしたりと、生活においても重要な役割があるから短いと生活に不便な所があるんだよなあ…。手遅れになる前に解決策が出ると良いのだけれど…
密猟者のせいで象の遺伝子が変化している可能性があるのか。🐘 🇲🇿
象牙を狙った密猟という淘汰圧のもと、モザンビークの雌ゾウに牙のない個体の割合が増えているというニュース。
「(牙のない雌ゾウは)28年間での生存確率が5倍あまり高かった」「1970年代のゴロンゴーザでは牙のない雌ゾウは18.5%だったが、30年後には51%に増えた」
(ヽ´ω`)すげえな… そんな短い期間で変わるものなのか… 象の寿命から考えたら何世代だ?ってレベルやん
人間が他の生き物を攻撃した結果、遺伝子を刺激し多大な変化をもたらし原因を作った張本人である我々が驚くというなんとも皮肉な状況。人間はこの世で唯一武器を使い破壊へと導く野蛮な生き物だと痛感。
「今回の分析では、牙のない雌のゾウは牙のある雌に比べ、上記の28年間での生存確率が5倍あまり高かったことが判明。従って、こうした適応は偶然の出来事ではない可能性が高い」
100年にも満たない期間で遺伝子レベルでの変異がここまで進むってよほどだなあ
密猟がゾウにとっておそらく人間が思う以上に強い選択圧になっていて、適応速度が速くなっているということか……。こうやって生物は進化するんだろうけど、人間の悪意で生まれた環境で進化するのは悲しいな
アフリカモザンビークのゴロンゴーザ国立公園で、牙のない状態で生まれてくる雌のゾウが増えている。科学者はこれについて、15年に及ぶ内戦で象牙目当ての密猟ががまん延したことへの遺伝的な反応との見方を示す。
進化ってすげぇ……。
いや適応速度速すぎねぇかしら?
「牙のない雌のゾウは牙のある雌に比べ、上記の28年間での生存確率が5倍あまり高かった」
おもしろがることではないけど、おもしろい現象だ
密猟でゾウが狩られまくった結果、遺伝子異常で牙のないゾウが生き残って増えているっていう話、面白いな。遺伝的な変化はわずか数世代でも一気に進むのか。
雌は牙なし変異でも生き残れるけど、雄は生存出来ないっていうのもなかなか興味深い。
悲しい「進化」ですね。⇒  モザンビーク|CNN
有利な種族の保存による、すなわち自然選択による種の起源とはつまりこう言う事なんだろうか。
種の生存本能めちゃくちゃすごいと思う気持ちと、現実的に考えると少し悲しいという気持ち
遺伝形質の変化めちゃ早い
それだけ過酷な環境なのやな
コレも進化の過程か。
牙ナシ雌の生存率が上がっただけではなく、雄の遺伝子にも関係があるかも?ということらしい
人為的選択の結果か…
防衛本能ってことでしょうか?
急速な進化に影響を及ぼすほどの密猟?
アフリカ・モザンビークのゴロンゴーザ国立公園で、牙のない状態で生まれてくる雌のゾウが増えている。科学
以上
 
PR
PR