TOP > 国際 > CNN.co.jp : マスクしての運動、肺機能に重大障害起きず 米加研究者

CNN.co.jp : マスクしての運動、肺機能に重大障害起きず 米加研究者

13コメント 2020-11-21 18:41  CNN.co.jp

新型コロナウイルス対策のマスク着用で息切れの増加が生じる可能性があるものの、マスク装着できつめの運動をしても肺機能に重大な障害が起き得ることを示す証左はほとんどないとの研究結果がこのほど公表された。

ツイッターのコメント(13)

おもしろいよね。こういう当たり前のことまで全部科学は立証責任を全うするのに、えせ科学が蔓延する不思議。
【 米加研究者】


ですよねー😗
日本には忍者というのがいるから実証済み
新型コロナウイルス対策のマスク着用で息切れの増加が生じる可能性があるものの、マスク装着できつめの運動をしても肺機能に重大な障害が起き得ることを示す証左はほとんどないとの研究結果がこのほど公表された。
「新型コロナウイルス対策のマスク着用で息切れの増加が生じる可能性があるものの、マスク装着できつめの運動をしても肺機能に重大な障害が起き得ることを示す証左はほとんどない」
通常は重度な障害が出る前に息苦しくて続けられなくなるとか? :
健康な人間にとっては運動のレベルあるいはマスクの種類にかかわりなく酸素吸入機能への影響は最小限だったことを突き止めたとした。
@ cnn_co_jpから
「マスク装着が呼吸機能、血液の中に溶けている酸素や二酸化炭素などに及ぼす影響は小さく、非常に小さいため気づかない場合もしばしばあるともした」
ただ、深刻な心肺関連の疾病を抱えている場合、この血液ガスの問題で小さな異変などが起き得るとし、結果的に運動能力に影響が出る可能性に触れた。運動することで不快感を覚える事態にもなるとし、医者に相談することを勧めた。
◎レッドでまとめているこの女性が超キュート❣
>新型コロナウイルス対策のマスク着用で息切れの増加が生じる可能性があるものの、マスク装着できつめの運動をしても、肺機能に重大な障害が起き得ることを示す証左はほとんどないとの研究結果がこのほど公表された。影響があったとしても非常に軽微とも結論づけた
新型コロナウイルス対策のマスク着用で息切れの増加が生じる可能性があるものの、マスク装着できつめの運動をして
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR