TOP > 国際 > CNN.co.jp : 認知症予防は運動と食生活改善で、サプリは推奨せず WHO

CNN.co.jp : 認知症予防は運動と食生活改善で、サプリは推奨せず WHO

21コメント 2019-05-15 11:42  CNN.co.jp

世界保健機関(WHO)は14日、認知症のリスクを減らすための勧告についてまとめた初のガイドラインを発表した。予防策として、適度な運動や健康的な食生活を提言している。

ツイッターのコメント(21)

ビタミンBや抗酸化物質、オメガ3、イチョウといったサプリメントの使用については推奨しないとした。
重要な指摘。



トム・デニング教授は「ビタミンや栄養補助食品は、(臨床問題のために必要とされる場合を除いて)使用しないことが望ましい。それによって大勢の人が浪費から救われることを望む」としている。
仕事をしろとか、運動しろとか
やらされてるんじゃなくて
どの世代もそこで輝くの
【 】
認知症予防には、運動と食生活改善!
・適度な運動の習慣をつける
・たばこは吸わない
・お酒は控えめにする
・バランスの良い食事をとる
・体重、血圧、血糖値、コレステロール値を適正に保つ

すべてをクリアしていてもなるときはなる、と患者の家族は知っている。
多くの人がこの指針に従って健康的な生活をするようになると、平均寿命が伸びて認知症患者はかえって増えそう。「太く短く」推奨は難しいのだろうが、かなりパラドキシカルな内容。 《ニュース》 WHO|CNN
認知症状出る前に運動しましょ。ってさ。

CNNニュース
WHOの勧告にによると、
認知症予防は運動と食生活改善で、サプリは推奨せず、
「認知症状が表れる前にライフスタイルを変えること、特に運動量を増やすことによって、認知症のリスクは低減できる」と指摘
WHOの勧告。認知症予防のため、運動の習慣をつけ、たばこはやめ、飲酒量を減らし、バランスの取れた食生活を心がけるよう提言。一方、サプリメントの使用は推奨しないとした:
やはり、運動っす!!!
運動、地中海料理、
そして、睡眠、生涯学習も効果的であります。
「トム・デニング教授は『ビタミンや栄養補助食品は、(臨床問題のために必要とされる場合を除いて)使用しないことが望ましい。それによって大勢の人が浪費から救われることを望む』としている」/ WHO(CNN)
WHO|CNN 認知症のリスク低減のため、運動の習慣をつけ、たばこはやめ、飲酒量を減らし、バランスの取れた食生活を心がけるよう提言。特に、野菜が豊富で肉の量は少なく、主にオリーブオイルを使う地中海料理を推奨。
研究者「認知症状が表れる前にライフスタイルを変えること、特に運動量を増やすことによって、認知症のリスクは低減できる」
CNN5/15:世界保健機関(WHO)は14日、認知症のリスクを減らすための勧告についてまとめた初のガイドラインを発表した。予防策として、適度な運動や健康的な食生活を提言している。 →
世界保健機関(WHO)は14日、認知症のリスクを減らすための勧告についてまとめた初のガイドラインを発表
人を自由にする情報メディアン 世界保健機関(WHO)は14日、認知症のリスクを減らすための勧告についてまとめた初のガイドラインを発表
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR