TOP > 国際 > CNN.co.jp : 6光年先に巨大な地球型惑星を発見、凍った状態

CNN.co.jp : 6光年先に巨大な地球型惑星を発見、凍った状態

80コメント 登録日時:2018-11-15 20:08 | CNN.co.jpキャッシュ

米カーネギー研究所などの研究チームは14日、地球からわずか6光年の位置に、凍ったスーパーアース(巨大地球型惑星)を発見したと発表した。太陽に最も近い単独の恒星「バーナード星」を周回しているという。...

Twitterのコメント(80)

研究者達は、まさか生物が生存可能だと思ってはいないだろう。でも未だに宇宙の何処かに1つ位は地球と同じように住める、又は生物がいる星があると思ってる人が…いるんだろうか。
『6光年先に巨大な地球型惑星を発見、凍った状態』
こういうニュースワクワクするわー

これまでに見つかった系外惑星の中では、3重連星の1つ「プロキシマ・ケンタウリ」を周回する惑星に次ぎ、2番目に地球に近い。
光で6年、のぞみで何年?
@nihhonko ここを温暖化させて‼️🤔
けっこう近くじゃん? 寒いの嫌いだから行きたくないけども
こうゆうニュースは好きだわ😁
なぜ表面温度が-170度の巨大惑星をいちいち「地球型惑星」と呼ばなくちゃいかんのか、いまだに納得出来ない。
с помощью @cnn_co_jp
6万光年かと思ったらたったの6光年!今度の連休に遊びに行こ
>若干寒冷なようだ
アラスカぐらいかな?
>土星よりも
ダメみたいですね
マン博士が居るかもw>6光年先に巨大な地球型惑星を発見、凍った状態( )
わずか6光年先!

言うても1光年9.5兆キロ。月までが38万キロ。2〜3日かかるみたい。って考えると嫌になってくる。

わずかってなんやねん。って話し。
人間的視座ならめっちゃ遠いけど、宇宙的視座なら隣の部屋みたいなもんですね。わくわく。
地球型って書いてあるから何かいるのかと思ったら、めちゃくちゃ寒いし、生物はいなさそうね。
なにこれ面白そう
なんとまあ…!!!
近いと思ったが、ハビタブルゾーン外じゃったか…
氷の地球型惑星と聞くとEDN-3rdに帰りたくなる雪族
地球から“わずか”6光年先🤔
若干寒冷(-170℃)で草生えた
岩石や金属からなる惑星は全て「地球型惑星」に分類される。煽りと感じる人は誤読してるよ / (144 users)
ほぼ隣じゃん! /
バーナード星出身なんですよwとかいう時代あるで
たったの6光年か....遠い。
地球から6光年の距離がわずかって感覚もすごっ!😍
わずか6光年って言っても光の速度で6年かかるんだけどなあ! ニュースはホント大袈裟に誇張する。
めっちゃ夢ある!!!!!!!
ひええー😱
天文学者になりたい人生だった
近いなぁと思ったw
6光年先に巨大な地球型惑星を発見
米カーネギー研究所などの研究チームは14日、地球からわずか6光年の位置に、凍った巨大地球型惑星を発見したと発表した。
太陽に最も近い単独の恒星「バーナード星」を周回しているという。
CNN
夢がありすぎて、学術書買い漁っている。
6光年先に巨大な地球型惑星を発見、凍った状態。これまでに見つかった系外惑星の中では、3重連星の1つ「プロキシマ・ケンタウリ」を周回する惑星に次ぎ地球に近い。
地球から6光年の距離にある惑星「バーナードスターb」の地表の想像図  ↓
宇宙規模だと一桁な数字がめっちゃ現実的に思える錯覚。
ほほー
でも住めそうに無いね...
それ以前にいけないが()
379446天文単位か、すんごい近いな
仰ってる人いたけどホントに近く感じるな…(麻痺)
後で読もう
>>
わくわくー(・∀・)スーパーアースがどんどん発見されるね。今後も発見は増えていくと思う。
宇宙人はいなさそうだな

@cnn_co_jp 小さな恒星では、惑星を発見できてもたいてい遠すぎて(遠いから発見できる)凍ってるんだよなー。近づいてみるしかない
もしゴジラが地球を壊滅させても移住先の心配がなくなったな…と思ったら表面温度はマイナス170度前後か。6光年とはメッチャ近い /
>赤色矮星であるバーナード星は、放射量が太陽の0.4%
この惑星から太陽(Sol)を見てみたいね。6光年なら星座の形はそれほど違わないんだろうけど。
全ての文明が滅んだ後だったりね?近いからと地球に移住してきたのが各地に有る神様だと捗る
興味深いね。>
ダイダロスの行き先は決まったな!
お、意外と近いところにあったのね
@cnn_co_jp 『太陽系に近いことなどを考えると、将来的には宇宙探査や望遠鏡による観測で新しい知見を得ることができそうだ』
6光年・・・近いなぁ。
6光年先に巨大な地球型惑星を発見、凍った状態だと??

なんか宇宙人っていうか宇宙に生物いそう。。。
CNN11/15:米カーネギー研究所などの研究チームは14日、地球からわずか6光年の位置に、凍ったスーパーアース(巨大地球型惑星)を発見したと発表した。太陽に最も近い単独の恒星「バーナード星」を周回しているという。 →
ロマンです(o^^o)
スーパーアースですって!絶対もうスーパーヒューマンいるじゃんw
宇宙探査ってのは本当に気の長い話だやな。宇宙時間で物事を考えてる研究者の時間感覚は一般人と違うんだろか。5分の遅刻なんて遅刻にならなさそ。
なんと美しい!
惑星の平均表面温度マイナス170度、バーナード星は赤色矮星。ここで太陽と水星の距離を持ち出しても意味無いような /
解凍せい。
6年なら何とか行けそうな気もする。いつか人類がそこに到達する日が来るのだろうか。
これまた夜空を見上げたくなるお話しだ。見上げても決して見ることは出来ないが…。>>>
6光年先に巨大な地球型惑星を発見、凍った状態 @cnn_co_jp
📰……惑星の名前は「バーナードスターb」。主星から受ける光の量は少なく、土星よりも若干寒冷なようだ。凍った砂漠のような環境で、液体の水もなく、平均表面温度はマイナス170度前後とみられている……
地球からわずか6光年の位置ね〜。
現代の技術で作った超高速船で、何年掛かれば到着できるのかな?ロボット乗せて飛ばせば?
たったの6光年!
論文、読むべきか…
うおおおおおおおお
6光年先に巨大な地球型惑星を発見、凍った状態
バーナードスターbの軌道距離は太陽から水星までの距離とほぼ同じで、公転周期は233日。惑星系で水が凍る境界線「スノーライン」の近くにある。
今度こそ、地球型惑星だ!マイナス170度の世界だけど!
レンチンしたら移住できんの?
スーパーアース ver.2 発見 「たったの」6光年先に
6降年先に新たな世界が?!
降年に将来性あり😏
以上

記事本文: CNN.co.jp : 6光年先に巨大な地球型惑星を発見、凍った状態

関連記事