TOP > エンタメ > 井浦新とゆく東京国立博物館。考古学少年が土偶への愛を語る - レポート : CINRA.NET

井浦新とゆく東京国立博物館。考古学少年が土偶への愛を語る - レポート : CINRA.NET

17コメント 登録日時:2016-05-11 17:37 | CINRA.NET -シンラ-キャッシュ

美術館・博物館は特別展だけじゃない。常設展のダイナミックな楽しみ方とは...

Twitterのコメント(17)

過去記事を読む
CINRA.NET2016年5/11記事より
シンラネットでご本尊の記事を読むとだいたいこの記事もお勧めされて、そして毎回読むたびに面白い。石棒の横で真顔でポーズを決めて様になる人ってそういないw
土偶愛と縄文愛。ぜひ案内していただきたいわ♪声が良いから、音声案内でも良いよ(笑)
[また読みたい]子どもが博物館で新鮮に驚く様子は「自分も昔はこんな風にものを見ていたんだ!」という発見を僕に与えるし、大人になると忘れてしまうユニークな視点を思い出させる。(井浦新)
この写真:石棒と井浦新。
動画で笑った
東博の考古展示室は平成館の1階にあります。
井浦さんに言われたら、そりゃもう|
…「土偶への愛を語る」…もう、音声ガイドとかで熱く語っていただきたい。
はぁ…(恍惚)
アラタさん、素敵すぎてつらい( ;∀;)
前に日曜美術館で長野の土偶に会いに行く旅やってたね〜。新クンの土偶愛がハンパなかった(=^x^=)
@muumann2
トーハクでとるぞ。
トーハクのリニューアルした考古スペースを取材しました。トップ写真は石棒(アレの象徴)の前で腕組みする井浦さん!/
新さんほんとすき
42歳の少年かあ…。
以上

記事本文: 井浦新とゆく東京国立博物館。考古学少年が土偶への愛を語る - レポート : CINRA.NET

関連記事