TOP > エンタメ > 映画人有志22人が「日本学術会議への人事介入に対する抗議声明」を発表 - 映画・映像ニュース : CINRA.NET

映画人有志22人が「日本学術会議への人事介入に対する抗議声明」を発表 - 映画・映像ニュース : CINRA.NET

映画人有志による「日本学術会議への人事介入に対する抗議声明」が、本日10月5日に発表された。これは、日本学術会議によって推薦された新会員候補のうち6人の任命を、菅義偉首相が拒否したことに対するもの。抗...

ツイッターのコメント(44)

映画ファンの皆様。北朝鮮や中国のように全ての映画が検閲され、プロパガンダ作品ばかりになる日々が近づいている。

今黙っていれば、取り返しのつかない"戦前"がまた来る。
この22人って炙り出された感じがするんだけど、日本映画界って大丈夫か?去年の日本アカデミーから闇が深い感じがするんだけど。。。
【こいつらが騒ぐってことは痛いところを突かれたんだな!】
一応他人事だけど将来自分たちもやられるかもしれないから今回批判しとくって話だね。映画人って心配性で妄想癖が多いようだ。
それは今に始まったことでなく、安倍政権の7年8ヶ月間続いている、そして、「あいちトリエンナーレ」の助成金一時不交付から顕著になったことだと考えます。
自分も賛同します!!!
「いかなる理由であれ許されない」ということです。高度な専門知を持っていない素人の権力者が、専門家の判断領域に「その研究はムダ/役に立つ」「この学者は有能/無能」と口出しすること自体が、(素人が勝手に医者に代わって診察をするのと同じくらい)恥ずべき・危険な
全ての表現者も読むべき
学問や芸術が好きな人も読んでおくべき
是枝さん荒井晴彦さんたちが抗議声明を出してくれた。うれしい。声明文を全部読んだが、後半にある通り想起されるのはナチスの手法だ。学問、文化に政権に都合の良いように枠を固めさせてはいけない。

「日本学術会議への人事介入に対する抗議声明」を発表
アホな人たちやなぁ・・・・
映画人有志22人が「への人事介入に対する抗議声明」

「体制に反発する事が『芸術家』の役目」だと思ってるんだろうが、その考えがもうダッセエwww
そんな連中が創った映画は、つまんねえだろうなあ。

ちゃんと「反発すべき事」を見極めたら?
@tsuisoku 抗議声明全文を読みました。
読む前にニーメラーの(彼が最初に言い始めた)詩を引用してたら面白いなと思ってたら本当に引用してて笑ってしまった。これ津田さんも町山さんも引用してたし、今流行ってるんですかねwwなお抗議声明全文はここで読めます。
ここに載ってたのか。拡散お願いします。
左翼とか右翼とか関係ありません。ただ中立性を保つには人事介入をしてはいけないと言うことです。この抗議声明に賛同します。
@CINRANET

"安倍政権がずっと狙っていたことを管政権が今回、ついに実行に移したのです。"

"菅政権は「説明責任」を果たさないこともまた継承したようです。"
この文章を読んでも「表現の自由は関係ない」としか思えないのだったら、きっと義務教育レベルの根本的な知識が欠けている。
何も分からない連中が怒鳴っています。
映画人なのになんで映画で語らないんだろ??純粋に興味ある

政権も学術会議もどっちもガッツリ取材してドキュメンタリー映画とったら(たぶん双方で色々出てきて)国民が喜ぶと思うけどw
そもそも経費は国費負担としつつも、独立した機関と認められている事自体が不思議にしか思えない。
独立したなら言い方として正しいのかわかんないけど、民営化されたら?
そうすればちゃんと自分たちの判断でメンバー追加できるじゃん?
逆に、排除した6名以外の100名近くの学者さんに地位と税金を与えようとする理由を聞きたい。総合的俯瞰的っていうからには。
現状、駄々こねて潰したように見える。これは疑心暗鬼を招く。
映画人有志が「日本学術会議への人事介入に対する抗議声明」を発表
菅総理出身大学 法政大学田中優子総長も日本学術会議問題は「見過ごすことはできません」と抗議声明を出されています。
どんどん広がっている。
もっと広がれぇぇ!
どんどん増えていく。
@CINRANET
青山真治荒井晴彦井上淳一大島新金子修介小中和哉小林三四郎是枝裕和佐伯俊道白石和彌瀬々敬久想田和弘田辺隆史塚本晋也橋本佳子古舘寬治馬奈木厳太郎三上智恵森重晃森達也安岡卓治綿井健陽
本格的に身近にまで脅威が迫ってきた感覚がある。
これに「表現の自由は関係ないだろ」とか「映画は関係ないじゃん」とか言ってる連中は物事を「点」でしか捉えられないだけ。映画人たちはちゃんと「線」や「面」で見ているからこうして反応している。
「今回の任命除外を放置するならば、政権による表現や言論への介入はさらに露骨になることは明らかです。もちろん映画も例外ではない。
 ナチスが…」

またニーメラー。ここは絶対に「ナチスが映画人を攻撃し始めたとき…って、いきなりかよ💢」だと思います。
@CINRANET
人事介入も何も総理大臣が任命権を持ってる(形式的でも)のなら、何もおかしくないんじゃないんですか?

マスコミが叩くってことは、日本にとっていいことをしたのだと思います。

私は、そうとります。
読んだけど、無駄な時間を返して欲しい。
学術会議の活動が学問の自由により保障される対象であることが示されていない。学問の自由がどう侵害されたか分かってない。表現の自由に繋げるのは意味不明。
「今回の任命除外を放置するならば、政権による表現や言論への介入はさらに露骨になることは明らかです。もちろん映画も例外ではない。」
音楽界はどうなんだろ(某ロッカーを念頭に)→
映画人有志22人が!
いよいよ大きな動きになってきています。
元々、日本学術会議は、第二次世界大戦に科学が協力したことを反省し、1949年に設立されたもので、内閣総理大臣が所管し、経費は国費負担としつつも、独立して職務を行う「特別な機関」
声明にもある通り、今回のことにより、政府が映画などの表現の自由に介入する懸念が一層強まっています。ことは学問だけにとどまりません。抗議し続けましょう。
何が問題なのか、ということがとてもよくわかる声明文。
是枝監督、塚本晋也監督、白石和彌監督も。映画ファンとして、日本人として、当たり前に支持します。自民党政権は映画文化さえも潰しかねない。
「学問の自由への侵害のみに止まりません。これは、表現の自由への侵害であり、言論の自由への明確な挑戦です。
 [...] 安倍政権の7年8ヶ月間続いている、そして、「あいちトリエンナーレ」の助成金一時不交付から顕著になったことだと考えます。」
■参考資料
映画人有志による抗議声明
―「この問題は、学問の自由への侵害のみに止まりません。これは、表現の自由への侵害であり、言論の自由への明確な挑戦です」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR