TOP > エンタメ > 落合陽一が総合監修、未来の社会を考える日本科学未来館の常設展が今秋公開 - アート・デザインニュース : CINRA.NET

落合陽一が総合監修、未来の社会を考える日本科学未来館の常設展が今秋公開 - アート・デザインニュース : CINRA.NET

東京・お台場の日本科学未来館の新たな常設展示『日常に溶け込む計算機環境、自然と人間(仮称)』が、今秋に同館3階の「未来をつくる」ゾーンで公開される。メディアアーティストであり、筑波大学准教授の落合陽一...

ツイッターのコメント(11)

企画展じゃなくて常設展っていうのがすごい気がする。

これってテクノロジーの進化に伴う未来の社会の変化をいつも、ずっと展示す続けるって事なのかね。。
『日常に溶け込む計算機環境、自然と人間(仮称)』

2019年秋
会場:東京都 お台場 日本科学未来館 常設展3階「未来をつくる」内
特別展ではなく、常設展。そういえば15年以上も行ってない…
チェック →
関連記事の毎回違う落合陽一が懐かしい.
東京・お台場の日本科学未来館の新たな常設展示『日常に溶け込む計算機環境、自然と人間(仮称)』が、今秋に同館3階の「未来をつくる」ゾーンで公開される。 メディアアーティストであり、筑波大…
武蔵美生向けに情報発信をしていきます! 東京・お台場の日本科学未来館の新たな常設展示『日常に溶け込む計算機環境、自然と人間(仮称
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR