Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る - インタビュー : CINRA.NET

12コメント 登録日時:2019-01-09 18:25 | CINRA.NET -シンラ-キャッシュ

世代を超えて支持を集める作品至上主義集団。活動20年の到達点に迫る...

Twitterのコメント(12)

めちゃくちゃ良い記事だった…
こちらのアルバムも気になる。。
凄まじく良いインタビュー!
スパングルの音の余韻や空間を大きく使ってる感じが好きだから、楽曲を引き算的に作っていく話はおもしろかった。
"余計なものを削ぎ落としていった先に、それでも「残ってしまうもの」が、個性なのかなと"
『余計なものを削ぎ落としていった先に、それでも「残ってしまうもの」が、個性なのかなと。10の音を鳴らさなくても、1の音で成立するならそれでいいし、究極0でもそこに何かが残るなら、0のほうがいい。』
ううぅ〜4月のライブ行きたい。本当に行きたい。好きになって16年、未だにライブ行けてないの悔しすぎる。1番好きなバンドだから死ぬまでに1回は見たい。
「20年やってみてわかったのは、余計なものを削ぎ落としていった先に、それでも『残ってしまうもの』が、個性なのかなと」/
今の時代は全方位に好かれようとするより、偏った趣味趣向を磨くほうがいい。作品至上主義集団・ line、結成20年の足跡を辿る。

toeらとのつながりを持ちながら特定のシーンに属さずに活動。indigo la Endはじめ若い世代の支持も集める、音の美学を知る。
以上

記事本文: Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る - インタビュー : CINRA.NET