世界に知られるマニアの街・中野。ディープな専門店が集うワケ - コラム : CINRA.NET

まんだらけ、フジヤカメラ、スタジオ35分を取材。街の声から中野の魅力を探る

ツイッターのコメント(18)

“そんな中野の魅力を、何の色眼鏡もなく新鮮な発見をもって語ることができ、たとえ人形であろうと、1つの個性として受け入れられる街の度量を伝えるために、「ナカノさん」が生まれたという。”
再開発がかかったらまんだらけくらいしか残らないかもしれないよね…
はー。このなぞのまとめサイトもまた、中野ブロードウェイのまんがマニア化の契機をまんだらけにしている。明屋書店だよ、坊ちゃん。嬢ちゃんかもしれんが。
何たって私も東京に出て来て最初にたまたま住み着いてから30年間ずっと中野区民だからねえ(^ ^;
わが町の発展のために拡散たのむ
「中野大好きナカノさん」世界に知られるマニアの街・中野。ディープな専門店が集うワケ(文:中島晴矢 編集:宮原朋之)
若月会会場近くも取り上げられていますが、歌人が集まる街でもありますよね。
ナカノさんいいなぁ うちにいて欲しい
旦那がまんだらけ界隈に興味なさすぎて、イオンになってほしい、とか馬鹿げたいってる!_:(´ཀ`」 ∠):
私は価値はわからないけど結構土日とか見て回って楽しんでる(^^)
中野ブロードウェイが1980年前後にシャッターが目立つ様になった印象はないのだが、出来た時からシャッター街の四階を含めてない?/
これ慧眼な気がする「ちなみに、「オタク」とは異なる中野ならではの「マニア」性とは、やや乱暴に言ってしまえば、3次元ということなのではないだろうか」 / 漫画
中野の街コラム的な記事を書きました。中野区役所や「まんだらけ」の社長、伝説的な漫画雑誌『ガロ』の漫画家でもあった古川益三さんなどに取材してます。ライトな中野論としてぜひ〜🕴
一度、住んでみたかった。



「マニアの街、挑戦の街、多国籍の街、多様な顔を持つ中野

マニアの街の先駆けとなったのは、やはり漫画専門の古書店「まんだらけ」だろう。」
マニアの街として世界的に知られる街・中野の魅力を探る

先駆けとなった漫画専門の古書店まんだらけや、カメラ販売のフジヤカメラ、新参のギャラリー、スタジオ35分を取材。話を聞いていくなかで、新しい価値を生み出そうとする挑戦者が集まる独自の文化が見えてきた
以上
 

 
PR