見取り図リリーと金閣寺執事が語る、アンディ・ウォーホル。破天荒な生涯から見えたアーティストの実像 | CINRA

ツイッターのコメント(16)

滅茶苦茶いい記事だった〜〜

お金を稼ぐことはアートだ。
働くこともアートだ。
ビジネスで成功することが最高のアートだ
アンディー•ウォーホル
リリーさんってこんな"語り方"をする人だったんだ
面白かった!リリーさんこんな語れる一面があるのか〜。アート鑑賞ご趣味なんですね。
リリーさんはこんな長尺でしっかりアートを語れる方なんだ、そしてとても理知的な見方をする方なんだととても嬉しい発見(私が知らなかっただけですが)
僧侶の方でこんな美術精通してるのも驚きやしリリーさんの美術知識素晴らしいな
もっかい京都行きたい
知らなかったことが、沢山知れた。見取り図リリーさん、澤宗秀さん、ありがとうございます。
よい記事〜
素敵な対談だった。高校生の時ウォーホルのムービーを美術館に見に行って意味もわからず寝ちゃった私に読んでほしい
見取り図リリー、美術の教員免許持ってるのは知ってたけど、こんな感じで語れるんやーという新鮮さがあった。
ウォーホル展、来年の2月までだから冬の京都に行くのもいいね
見取り図のリリーさん、美大出てるとか教職免許持ってるくらいしか知らなかったけどこういう談話もっと見たいな〜。面白い。。
「ポップ・アートの旗手」として活躍し、アートのあり方を根っこから変えたアンディ・ウォーホル。その歩みに触れる展覧会『アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WAR…
アンディ・ウォーホルは「死」を恐れてた?


「ウォーホルの作品には『死』への関心の影がチラついている。彼自身が銃撃されたことも大きかっただろうし、LGBTQであったこともあって当時流行していたエイズへの恐怖もあったはず」(リリー)
最高の記事😊✨

私自身のアートが好きな理由に繋がるところもギュギュッと集約されている感じがして、
何度も読み返してしまう😊🐶🍀

あー展覧会行くのが本当に楽しみ♡
京都でアンディ・ウォーホル展やってるんだ! →
以上

関連するニュース

 
PR
PR