TOP > エンタメ > 第20回こはたあつこ「不況の中でけらけら笑う!パクリ映画専門の製作会社の巻」:うわさの現場潜入ルポ - シネマトゥデイ

第20回こはたあつこ「不況の中でけらけら笑う!パクリ映画専門の製作会社の巻」:うわさの現場潜入ルポ - シネマトゥデイ

Array

ツイッターのコメント(34)

@pokka19 こちらの記事めっちゃすきです…あの手の映画はちゃんと需要があって作られているんですね…😂
8年ほど前の記事だけど、何度読んでも面白い、アサイラム社長インタビュー。
顧客と相談して売れるネタを確定してから作る!はすごいっす。

第20回こはたあつこ「不況の中でけらけら笑う!パクリ映画専門の製作会社の巻」
そういやアサイラム潜入インタビューあるそうですね|第20回こはたあつこ「不況の中でけらけら笑う!パクリ映画専門の製作会社の巻」
いろいろググってたら、「メガ・シャークVSジャイアント・オクトパスのストーリー原案はニューセレクト社(日本)」とかいう情報が出てきた。ついでにアサイラムの海外輸出先は日本が一番多いとかいう話も。
@gigir @y_arim
原案も日本の配給会社が出してるってな話がありますね。
昨晩の会食でも話題に出たんだが、まだシャークネードやメガシャーク級の馬鹿作品を作れていないのが、クリエーターとして最大の心残りなんだよな。  見る者全てに「これは駄目だ」と思わせつつ、でも見ちゃうと言う作品を作れないものか。
アサイラムが一番稼いでるのは日本ってホントかよ、とぐぐる。この記事が書かれた時点では、海外で一番が日本って本当なのかw
アサイラム潜入レポとかあった
皆、大好きB級映画!地元のG◯Oには韓流ならぬアサイラム(アルバトロス)コーナーが出来上がっている
なおシャークネードをはじめB級粗製濫造映画製作最大手?アサイラムの海外ナンバーワンのお得意様は我が日本なのであった
「メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス」は日本での配給会社であるニューセレクト社さんが考えたらしい。どおりで日本人(の一部)が好きそうなハチャメチャ映画な訳だ……
参考:
きょうの午後ロー作品の制作会社、アレもコレもここの犯行だったのか!:
偶に(内容半分位)オリジナル作品もあるし、多少は考えて作ってるのねwそしてここでも出てくるアルバトロス(日本)
ただの楽してパクリ会社じゃあなかったのか。ほう。
メガシャークシリーズって日本からの依頼で作られたのか
やっぱりアサイラム、訴えられてたりするのか……
株式会社アサイラムのシャッチョサンインタビュー―
@disphony クソ映画を全力でつまらなく作ることに定評のある会社と思ってくれればいいよ(白目)
まあ、会社の方針とかはこれを見ればいいかな
これ読んでると格好良く思えてくる不思議 映画はアレなのにね(ぉ
パクリ専門の映画撮影会社なあ。なんだか、18禁ビデオ(有名映画やアニメのパロ的な意味で)のネーミングセンスに通じる何かを感じる。
アサイラム
売れる物を作るという事にポリシーを持つ潔さ・・・B級映画専門の製作会社アサイラム社「配給会社が『売れる』と太鼓判を押すストーリーしかつくらないよ」ときっぱり
またZ級映画祭やってくれないかなぁ
やっぱ、アサイラム最高 “@kayukawajunji: cf. RT @kikumaco: パチモン映画専門会社が生き延びられる理由を知りたい”
cf. RT @kikumaco: パチモン映画専門会社が生き延びられる理由を知りたい
新三大映画でサメ映画が気になったら、みんなもっとアサイラム映画を観るといいよ(訳:俺ばかり酷い目にあってたまるか)。
ちなみに社長はこんな人。
アサイラム社、結構設けてるようですね。
アサイラムと『メガ・シャークvsジャイアント・オクトパス』についてはこちらの記事を。
ストーリーを考えたのが日本の配給会社というのがまたそそりますね!
王様のブランチで好きだった映画のコメンテーター、こはた あつこさん。ブランチのwikiから名前発見。今も、シネマトゥデイで「こはたあつこ うわさので現場潜入ルポ」 一例:  などで活躍ちう(=^ェ^=) この方の映画紹介、好きです!
タイタニック2012観ちゃいました。やられたぁ~!噂のアサライム社=馬鹿にしなら観る映画!パクリ映画専門の製作会社 アメリカと日本のビデオ屋さんに並ぶ冗談みたいなタイトル。映画『トランスフォーマー』をパクった『トランスモーファー』
>配給会社が『売れる』と太鼓判を押すストーリーしかつくらないよ」ときっぱりと言い切った姿に、不況をたくましく生き延びる会社のエネルギーを感じた。 自分が面白いと思うものを作るのもプロだけど、これもまたプロだよね。かっこいいわ。
終わりましたねー、サメ対タコ。途中で検索エンジンから「実はストーリーの発案は日本側だ!」という驚愕の事実を知ってしまい、なんだかとてもゲフンゲフン。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR