TOP > エンタメ > 「ドラえもん」「ルパン三世」続々立体化 山崎貴監督がビッグタイトルに挑む理由 - シネマトゥデイ

「ドラえもん」「ルパン三世」続々立体化 山崎貴監督がビッグタイトルに挑む理由 - シネマトゥデイ

『SPACE BATTLESHIP ヤマト』『STAND BY ME ドラえもん』『寄生獣』などビッグタイトルの実写・アニメ化を多く手掛け、ヒットさせてきた山崎貴監督。...

ツイッターのコメント(11)

ルパンダイブは3DCGだと生々しくなってしまう→尚更見たい😇
夏にドラクエやって冬にルパンとは仕事が早い。今回はどんな神様が降ってくるのか!
金になるからやろ。
ドラクエユアストーリーでの大罪を俺は一生忘れんから絶対観にいかん。
監督の作品、cgが最高ですよね♥
さん、彼をヘッドハンティングするなら今のうちですよ🎵
手堅く、かつ創意豊か。
「過去の作品をこれまでと違う表現にしたらどうなるのか、そこに挑戦する気持ちも必要だと思います。その結果、新しい側面が見えてくるかもしれないし、逆に痛い目に遭うかはわかりませんが(笑)」ここで笑える精神を見習いたい😄
>ルパンは現在のようなハイテクな世界よりも、どこかロマン漂う時代が似合うと思います。

なるほど
観に行く予定です。
さて、どんな感じになってるんでしょう?
ドラクエはいくらだったんですかね
以上
 

いま話題のニュース

PR