TOP > エンタメ > シネマトゥデイ > 坂本龍一、高畑勲...

坂本龍一、高畑勲監督からオファー&解雇されていた!「僕の音楽がシリアス過ぎて…」 - シネマトゥデイ

21コメント 登録日時:2018-05-05 10:16 | シネマトゥデイキャッシュ

第17回トライベッカ映画祭(17th TFF)で上映された話題のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』について、坂本龍一とスティーブン・ノムラ・シブル監督が、4月26日(現地時間)、ニューヨークのシネポリス・チェルシーで行われた上映後Q&Aで語った。...

Twitterのコメント(21)

2018.05.05 アーカイブ

- シネマトゥデイ
え、気に入ってないってオネアミス? /
「今から35年前に担当したことがあるんですが、あまり気に入っていないんです」 そういうことを言うな! あと31年前な / “ - シネマトゥデイ”
年代的にオネアミスだと思うがあれそんなに悪くないんだけどなあ。/他にマクロス絡みの仕事もあるが……。 / “ - シネマトゥデイ”
教授「2、3年前に高畑勲さんと会って、音楽の担当を任されていたんですが……僕の音楽がシリアス過ぎて、結局解雇されてしまったんです(笑)」ひょっとして公にしてない新作の事だろうか?かぐや姫はそれより前だったはずだし。↓
35年前ってなんだろう。オネアミスの翼は21年前だった>
「35年前に担当したアニメ映画の音楽」(気に入ってないので題名も言えない)って『王立宇宙軍』のことか!?
ひゃぁ。ひょっとして『かぐや姫の物語』のこと?
“あと実は、2、3年前に高畑勲さんと会って、音楽の担当を任されていたんですが……僕の音楽がシリアス過ぎて、結局解雇されてしまったんです(笑)”
2〜3年前ってレッドタートルかな?
高畑さんやる気だったのか!しかも解雇って!!
年代も少しズレてるし、相当王立宇宙軍にクレジットされてるのが嫌なようだw俺あのサントラ好きだけどなwww
驚き。久石のセンチメンタリティを高畑は選んだのだろうか。
言うまでもなく、気に入ってないアニメ音楽は、「オネアミスの翼」ですな。ぼくは音楽は悪くないと想う。
坂本龍一さんが35年前に担当して気に入ってないアニメって、年数が少し合ってないけど『王立宇宙軍』の事かな?
30年前の気に入っていない仕事ってオネアミスの翼かな。
「今から35年前に担当したことがあるんですが、あまり気に入っていないんです」って何だろ…『オネアミスの翼』が30年前だから『コンピューターおばあちゃん』の事だろうかな?気に入れよ!
オネアミスの翼かな?気に入ってないんだ。ま、現役の芸術家は大抵自分の昔の作品は嫌いだしそれが健全だしなぁ。
オネアミスの翼……可哀想(苦笑)
以上

記事本文: 坂本龍一、高畑勲監督からオファー&解雇されていた!「僕の音楽がシリアス過ぎて…」 - シネマトゥデイ

関連記事