TOP > 科学・学問 > 名大、保健学の大学院再編 情報科学と融合、病気予防研究を強化:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)

名大、保健学の大学院再編 情報科学と融合、病気予防研究を強化:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)

10コメント 2019-08-17 08:50 | 中日新聞キャッシュ

 名古屋大は来年四月、大学院医学系研究科内にある保健学関連の専攻を、人工知能(AI)などの情報科学分野と融合させる形で再編する方針を固めた。...

ツイッターのコメント(10)

@smasuda 「健康とデータ分析」って,名古屋大の構想

を見て思いついたんですかねえ
「名大は情報科学の研究成果を取り入れることで、画像診断や遺伝子検査、リハビリなどの分野で新たな手法を確立し、国際的な競争力を確保したい考え。」
すばらしい改組です
そっちへむくだろうなぁとという実感。
しかし、名大の情報ってできたの最近じゃなかったっけ…。
コメディカルもどんどん幅広い知識を習得し、専門性を深めなければならない。自分の業務分野だけ知っていればいい、そんな時代は過去になる。
おお、我が母校よ。いよいよ公になりましたか、
情報科学を共通基盤に据えて、各研究室の連携を強化することは今後重要!
来年度からて、結構すぐな話ですね
「大学院の再編と同時に、医学部保健学科でも情報科学系のカリキュラムを組み込む。」
色々変わってくるのかね
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR