TOP > 社会 > <翻弄 リコール不正の陰で> (中)表現した人 分断、芸術論置き去り:中日新聞Web

<翻弄 リコール不正の陰で> (中)表現した人 分断、芸術論置き去り:中日新聞Web

17コメント 2021-05-02 05:09  中日新聞

会心の手応えだった。「ものを作る原点に立ち戻ったような、好奇心を持って何かをやった子どもの驚きと喜びみたいな…」。美術家で映画監督の大...

ツイッターのコメント(17)

>会心の手応えだった。「ものを作る原点に立ち戻ったような、好奇心を持って何かをやった子どもの驚きと喜びみたいな…」。
>大浦は、新たに仕上げた映像作品も並べることが認められなければ、出展そのものを見送ると迫る。
多選批判、二期までの仕組みを作ると“公約”して当選し、その公約を果たすことなく“四選”した、潔さの欠片もない日本人として恥ずかしい、あの不正運動の首謀者を赦してはならない。
「本人は「短絡的」と首をかしげる。「『けしからん』という意見や批判は当然あっていい。でも『なぜ燃やすのか』と、なぜ考えないのかな」
/「天皇批判のために燃やすなんて幼稚すぎる。そんなものは表現ではないので」」

『翻弄 リコール不正の陰で(中)〜』2021/5/2中日
あいちトリエンナーレで「天皇の肖像画を燃やした」と右翼団体から批判された作品を作られた方のお話です。⬇
中日がスルーしてきた下記の角度があるからこそ、芸術は素晴らしいと思うんだけど。

検証委・金井「作者が込めた意味や意図のみが、常に正解としてそこにあるということではない」

同・岩渕「キュレーターにも作家性がある」(=キュレーションでも意味が生まれる)

📍 分断、芸術論置き去り:中日新聞Web|出所 厳選
全文読んでないが、こいつか?
不敬罪!
万死に値する。
あんなん芸術じゃねぇわ
高須、河村の短絡的な芸術理解度のレベルの低さがよくわかる、情けねぇ。
大浦信行氏「ああいう問題は、今後起こらない。もう誰も企画しなくなるからね」

日本の美術界は、回復不能なレベルで自己検閲と萎縮が進むのかもしれない。
めんどうくさい論争はスルー
屁理屈はいい!やりたかったら自費でどこかの会場借りてやれ!
それなら、このオッサンの芸術作品とやらをオレが燃やすのも表現なんだろうなぁ。
「昇華させた」と言い訳すれば良いのだから。
では、「踏みつける」のはどう
言い訳する気だ‼️

大浦‼️
中日新聞‼️
数々の問題の発端となった原因の制作者
「表現」する人は注目される必要も、展示物に込めた意思もあるだろう
だがな、勝手にモチーフにされて晒される側の事も考えろよ、考えてこれか
中日新聞にあいトリ天皇映像の「事実」が書かれてる。

紛れもなく作った人の真実。

これをもっと報じてほしいです。
以上
 

関連するニュース

関連するニュースは見つかりませんでした。

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR