TOP > 国際 > 「慰安婦、親の借金を返すために志願」…米国の韓国史教材が物議-Chosun online 朝鮮日報

「慰安婦、親の借金を返すために志願」…米国の韓国史教材が物議-Chosun online 朝鮮日報

11コメント 2021-05-03 21:11  朝鮮日報

韓国最大の発行部数を誇る朝鮮日報の日本語ニュースサイト。朝鮮日報の主要記事をはじめ、社会、国際、北朝鮮、政治、経済、スポーツ、芸能など、韓国の幅広いニュースを速報で届けています。

ツイッターのコメント(11)

朝鮮日報です

問題になった部分は「一部の女性は朝鮮人ブローカーに騙されたり拉致されたりしたが、それ以外の女性は自ら体を売ったか、家父長制度の下で家長の借金を返すために、前金を受け取った上で2-3年間売春に従事する契約書に署名した」と主張している。
>一次資料どうりやん🙆‍♀️
韓国の種族主義者達は真実を「歪曲」だという。もう無理でしょ!
世界に広まれ!
物議も何も真実は変えられない。
韓国民よ!マスコミに騙されるな!
韓国紙
2021/05/03


米国で出版された大学の韓国史教材
2020年12月1日出版
米国の教材専門出版社「コネラ・アカデミック・パブリッシング」教材
『東アジアでの韓国の形成:韓国史』
事実陳列罪
「慰安婦、親の借金を返すために志願」…米国の韓国史教材が物議-Chosun online 朝鮮日報
アメリカの学者には圧力に屈せず、良心に従って真実を書く人物もいる。

米大学の韓国史教材に
「日本軍の慰安婦は、親の借金を返すために前金を受け取る契約を結んで自ら体を売った女性だ」
の記述↓

例によって韓国メディアが大騒ぎ。本当は真実を知っているくせに!
これが真相です戦後キーセンとして外貨稼ぎに国が推薦していた今に残る!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR