「確率10%の当たりガチャ。10回引いて当たる確率は?」いまビジネスパーソンに数学的思考が求められる理由 | Business Insider Japan

ツイッターのコメント(10)

「確率が10%なのだから、10回に1回は当たるはず…と考える人も多いかもしれませんが、実際に10回引いて当たりを手にする確率は約65%」

「3割以上の人は10回ガチャを引いても、1度も当たりを引くことができません」

「確率10%の当たりガチャ。10回引いて当たる確率は?」
前々からこの論理知らないで、よくガチャ引けるなと思うことが多い
みんな気にならないのかなあ

1倍ハマり 4割弱
2倍ハマり 1/6
3倍ハマり 5%
4倍ハマり 2%

忘れるなよ!
数学はさっぱりだけど、その辺のセンスはあるのかな?
仕事にもロジックと言うか、公式的な成功パターンあるよね
でも、勉強での数学と英語はダメだった…それでもその両者を使って仕事してる
思考が身に付かなければどんだけお勉強できても意味がないね~
確率思考はほんとに重要。
あと、重要変数を捉えて、良い数字にするためにどうするかという思考。
数学的知識は算数でだいたい事足ります。
数学的思考がない人を相手にするのは大変
学校の数学だと問題の解き方を覚えさせられる感が強すぎて、物理とかと一緒でつまらなくなるのが当然なんですよね。
うーん、普通の高校数学じゃないですか。
これを「数学的思考」と呼ぶのはおかしいと思います。

「確率10%の当たりガチャ。10回引いて当たる確率は?」いまビジネスパーソンに数学的思考が求められる理由
パチンカスなら常識だよね?
「日本でも大人のための数学塾をはじめとして、2015〜6年ごろに気軽に数学に触れられる母体が一気に増えていきました。
この時期くらいから出版業界も数学ジャンルに注目し始めて、その流れがいまなお続いている」

いまビジネスパーソンに数学的思考が求められる理由|
確率10%でSSRを引けるガチャを10回引いたとき、3割以上はSSRを引けない………

という事実は、もっと広く知れ渡って欲しいなと常に思っています。ちなみに、確率1%のガチャ100回引いた場合についても同じように確率を計算すると……。
以上
 
PR
PR