「おかずなく醤油かけごはん」「冷房代が不安」。コロナ禍の夏休み、子どもたちのSOS | Business Insider Japan

コロナ禍で迎える2度目の夏休み。「1日1食」「おかずをつけられず醤油かけごはんでしのいでいる」など、子育て中の困窮家庭の約9割が食事に関して不安を抱えていることが、NPO法人キッズドアの調査で分かった...

ツイッターのコメント(14)

国民を食うに困る状況にさせている時点で、現政権は終わっている。餓死者まで出ている。
憲法で保証された生存権を無視し、国民のために働かない税金泥棒たち。
夏休み中、国民はコールドスリープして過ごしてる体で決めて無いかい?
金くれよ!金をよ‼︎‼︎

「おかずなく醤油かけごはん」「冷房代が不安」。コロナ禍の夏休み、子どもたちのSOS |
ウチは父が倒産した時でも田舎が農家だったから米だけはあったからなぁ。でも醤油かけ御飯って自分の中では割と良い飯だと思う。しょっぱい梅干し1個で飯を食うのが本当に嫌で仕方なかった。今でも梅干しは切なくなるから好きじゃない。
五輪を中止にしたら日本が負けたことになる,
そう言ってた人たちにこの現状がどう見えるだろう.
五輪が開催されて人々が幸せになるとでも?
取り残される現実があることを知るべきだ.
醤油かけご飯で凌ぐ貧困家庭の子供多数
親子3人で食費15000円なんてお米すら満足に食べられないのでは😢
食費は最低でも一人3万円、野菜や果物もきちんととれるには5万円必要だよ!

"「おかずなく醤油かけごはん」「冷房代が不安」。コロナ禍の夏休み、子どもたちのSOS | "
国は早急に給付金支給して
こどものご飯確保せよ💢

キッズドアは今年GWに2000家庭を対象に食料支援。夏も同様の緊急食料支援を実施するため、クラウドファンディングを実施中とのこと👍

てか国は庶民任せにすな💢

コロナ禍夏休み子どもたちのSOS |
必要なのは政府の現金給付
コロナで生活が崩壊する人が大勢出てきている。感染対策はもちろんだが、政権から生活支援のメッセージ、政策発信ないのは問題
2020年の年収が200万円未満の世帯は65%。
2021年はさらに減収する見込みと回答した世帯は70%にのぼる。また2021年6月時点での貯蓄額が0〜10万円未満の世帯が51%を占める。

緊急事態宣言延長したのなら、早急な補償金支給と一律給付金が必要じゃない?
"コロナ禍で迎える2度目の夏休み。「1日1食」「おかずをつけられず醤油かけごはんでしのいでいる」など、子育て中の困窮家庭の約9割が食事に関して不安を抱えていることが、NPO法人キッズドアの調査で分かった。"
「子どもに食べさせるために親は1日1食」「昨年は1人10万円の特別定額給付金があったので、なんとか夏休みを過ごせた」

サーカスで腹は満たせない。公助を渋る首相は退陣しろ@sugawitter
マルジナリア書店、冷房は効いています。
遠慮せずに遊びに来てね。
コロナ禍で迎える2度目の夏休み。困窮家庭の9割が食事に不安を抱え、現金給付を求めていることが分かりました。
コロナ対策同様、一刻も早い政府の決断が必要です。
コロナ禍で迎える2度目の夏休み。「1日1食」「おかずをつけられず醤油かけごはんでしのいでいる」など、子育て中の困窮家庭の約9割が食事に関して不安を抱えていることがNPOの調査で分かった。 | Insider
以上
 
PR
PR