TOP > 政治・経済 > ソニーのプロ撮影ドローン「Airpeak」が生まれた理由…開発責任者が語る「すべては、迫力ある映像のために」【CES2021】 | Business Insider Japan

ソニーのプロ撮影ドローン「Airpeak」が生まれた理由…開発責任者が語る「すべては、迫力ある映像のために」【CES2021】 | Business Insider Japan

CES2021でソニーは、自社開発ドローン「Airpeak」のデザインと飛行風景の映像を公開した。2020年11月に開発計画とティザー映像だけが公開されていたが、その正体は「一眼カメラ・αを搭載して撮...

ツイッターのコメント(10)

私はパナソニック嫌いで、ほぼすべてSONYが主流。日本では、中国製ドーロン禁止になりましたので、ドローンという言葉は無くなりますよ。5G、6Gになり、情報漏洩が懸念されるから。
ソニーにおけるドローンのハード開発+制御部門という位置付けの「Airpeak」。モーターやプロペラも自社開発とのことです。
Airpeakの強みは、まさにこれ。ソニーだから存分にカメラを活かすことができる。いい記事。

「高画質のカメラを搭載して安全かつ高速に飛行できる」もののことを指す。一眼カメラのαシリーズのような、フルサイズのカメラを搭載できるものは限られる。
ソニーのプロ撮影ドローン「Airpeak」が生まれた理由…開発責任者が語る「すべては、迫力ある映像のために」【CES2021】|BUSINESS INSIDER
手持ちの一眼積んで飛ばせるのはいいよね。プロ用だから民生用には当分のあいだ下りてこないだろうけど
SONYの新型ドローン、興味をそそりますね。調査に使いたいという同業者も多いのではないでしょうか。

元々、現役の調査員にはSONYの愛好者が多い気がします。私もSONY製品には長年お世話になっています。
端から見ると楽しそう。 |
さすがだな〜
人材が豊富で良いな〜
「Airpeakを作る狙いは『よりダイナミックな映像を作る』ためです。ドローンは今も撮影に多く使われていますが、端的に言うなら、こういう製品はソニーが出すべきなんじゃないか、と考えまし...
“モーターはソニーが独自開発したもの”
“プロペラも独自設計で、空力特性、推進力でも安定性にも、非常に大きな影響が”
ソニーのドローン、実はモーターやプロペラも独自設計。一眼を自在に飛ばせる性能をつくれば、物流など他用途への転用もできる、と

ソニーのプロ撮影ドローン「Airpeak」が生まれた理由…開発責任者が語る「すべては、迫力ある映像のために」【CES2021】|
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR