東京進出した北欧のフードデリバリー「Wolt」、後発の秘策は“持続可能な宅配” ── 対Uber・出前館戦略語る | Business Insider Japan

フィンランドのフードデリバリーサービス・Wolt(ウォルト)は10月22日から、東京エリアへのサービス拡大を開始する。Woltは2014年にフィンランド・ヘルシンキで生まれたスタートアップ企業。日本に...

ツイッターのコメント(22)

なるほど "自信の源は、創業の地・ヘルシンキでの成功にあるという。ヘルシンキは、悪天候かつ人口が少なく、労働単価の高い都市であり、運送時の人的コストがかかるフードデリバリーサービスにとっては比較的困難な地域ではある。"
収益云々もいいのだが、道路上での交通法規遵守、マナーについても配慮してもらいた。札幌でウーバー、ウォルトも見たが、ほとんどが歩道走行だし、信号無視も多い。

東京進出した北欧のフードデリバリー「Wolt」、後発の秘策は“持続可能な宅配”
争え・・・争え・・・・
Uberに刺客あり

記事によると後発のWoltの主な特徴は以下の3点

問い合わせから1分以内に対応する人力のサポート体制
“地域密着”をテーマにレストランを厳選、スタッフも原則現地もしくは移住した人材で確保
1.5km以内であれば99円といった業界最低水準の配達料金
フィンランド発のフードデリバリーWoltが22日から東京進出か。

すでに広島、呉、札幌、仙台ではサービス提供してたんだなぁ。
ウォルトって、距離1.5kmまでは99円だと?!?!
メニュー金額がどうなってるのがが気になるのと、配達員の報酬って、時給なのかな。この方式だと。
/1 北欧のフードデリバリースタートアップ「Wolt」の東京進出が話題になりましたね。デリバリーについてはケースでも問われることが予想されるので、少しまとめてみます。
コロナ禍で自分もよくデリバリーを使うようになりましたが、ここで新勢力登場(前から広島などでは展開済み)
どんな体験ができるのか、スタートが楽しみ

東京進出した北欧のフードデリバリー「Wolt」、後発の秘策は“持続可能な宅配”
そんなにうまい話があるんだろうか。

東京進出した北欧のフードデリバリー「Wolt」、後発の秘策は“持続可能な宅配” 対Uber・出前館戦略語る|BUSINESS INSIDER
東京進出したフィンランド発のフードデリバリー「Wolt」後発の秘策は?
“持続可能な宅配” 対Uber・出前館戦略をCEOのミキ・クーシが語る!|BUSINESS INSIDER
 
PR
PR