TOP > 政治・経済 > レジ袋は有料化したけど、ペットボトルは?国内主要飲料メーカーが思い描く、ペットボトルの行く末 | Business Insider Japan

レジ袋は有料化したけど、ペットボトルは?国内主要飲料メーカーが思い描く、ペットボトルの行く末 | Business Insider Japan

7月1日、世界的な脱プラスチックの機運の高まりから、レジ袋の有料化が始まった。脱プラスチックの試みが、海のプラスチックごみや、地球温暖化、資源の持続可能性といった観点から進められていることを考えると、消費者にとってレジ袋と同じくらい身近な...

ツイッターのコメント(17)

レジ袋は有料化したけどペットボトルはどうなの?良記事
・日本ではペットボトルの8割がリサイクル
・国内で把握されている廃棄プラスチックは900万t
・ペットボトルは廃棄プラスチック全体の1割に満たない
・ユーグレナは2020年9月以降 自社製品からペットボトル全廃
他国にプラスチックごみ輸出している現実を見て方がいいよ。
誰も引き取らない、ゴミは焼却するしかないのか?
国は、ペットボトル(業界)には物申せないのではないか。
なにいってんだこいつ

"(日本のリサイクルだと最終的な形態がペットボトルではないため)、たとえ「ペットボトルをリサイクルしている」といっても、最終的に資源は減り続けてしまううえ、海のプラスチックごみとして流出する可能性も残る。"
ペットボトルの「リサイクル」は、環境に優しい感を出し、消費者の一層の購買促進することが目的でした。だから本当はリサイクルなんかしていません。燃やしてます。
レジ袋も脱プラに必要ですが、ペットボトルがプラ以外の素材に置き換わると影響はそれ以上になります!

| Business Insider Japan
リサイクル品は食品用途だと不純物のコントロール必須だろう。法が緩くなるのか、業界側で対策するのか?
>日本国内の廃棄プラスチック量は約900万トン、レジ袋の廃棄量は約20万トン程度。正直、レジ袋を有料化して使用量を減らしてもプラスチックごみ・資源枯渇の問題に与える影響は微々たるもの。

>「持続的であること」なしには、企業として信頼されない時代がやってきている
全体量としてはペットボトルもレジ袋もすげぇ少ない。でも、目につくから最初のターゲットになるのかなと。でマイバッグとマイボトルなら、多分マイバッグの方が導入障壁低そうだからそっちからやったのかなと。
「一方で気になったのは、今回アンケートに答えた飲料メーカーが、結果的に「ペットボトル」という形態を捨てきれていない点。」そもそもペットボトル製品の販売を停止するという選択肢はないのか?
> 世界のビジネスの現場では、「持続的であること」や「地球環境への配慮が行き届いていること」なしには、企業として信頼されない時代がやってきている現状が垣間見えた。
ユーグレナみたいに「ペットボトルの使用をやめる」という選択肢は、毎年のように災害があり防災備蓄的にも非常に難しいと思う。
昔は飲み物はペットボトルで売ってたんだよ。ええっ!みたいな会話をする日はくる。

> 地球への環境負荷がここまで高まってきた要因の一つは、経済性を求め、小さな悪影響の積み重ねを許容してしまったことにあるのは間違いない。
以上
 

いま話題のニュース

PR