現役東大生が語る会社の選び方。「とりあえずコンサル」で本当にいいのか? | Business Insider Japan

東大生はコンサル志望や大手志向が強く、ベンチャー企業や起業には消極的——。こんな東大生のキャリア観が浮き彫りになったアンケート調査がある。アンケートを行ったのはキャリア教育支援NPO「エンカレッジ」の...

ツイッターのコメント(16)

自分は東大ほどすごい大学じゃないけど、学生から見るとコンサルってすごく当時の自分の力を活用できそうな錯覚を得るんですよね。(実はコンサル志望で新卒入社した勢
>> 現役東大生が語る会社の選び方。「とりあえずコンサル」で本当にいいのか?|BUSINESS
大企業志向、保守的と言われながらも「とりあえずコンサル」には「転職に有利のはず」という、それなりに転職前提の選択が働いているところが、今っぽい。
エンカレッジ東大支部が取り上げられてる!

コンサルであれ、なんであれ「とりあえず◯◯」
とか「とりあえず内定」というような本質的でないことはなくしたい。

とりあえずでコンサル選べちゃうんはさすがやけど...(笑)
コンサルは思考力などのスキルアップできる業界で、僕の新卒のときから人気でしたが、今の学生ランキング上位になったとするとそろそろ雲行き怪しそう。

・ロジックで通用しなくなる社会
・単価の高い労働集約
・あくまでエージェント(代理店)意識

というのがあるので。
ボストンコンサルティング、アクセンチュア、PwC、ベイカレント等の戦略やデジタル領域で一緒に仕事した事がある。論理固めや資料作りは一般企業人より長けてる。(その分、報酬も高い)
一方で机上の空論になりがち。血の通ったプランを作るには事業会社での経験が必要。
よくないと思いますね。いわゆる頭でっかちになってしまう。
私(50 )の同級生の成功パターンを観察していると、(政府系じゃない)銀行や現業系官庁や商社で汗をかいて、海外に行ってからコンサルに入り、卒業して、そ...
コンサルなんて他人のふんどしで相撲取る職業だから、日本トップの頭脳の人達には目指してもらいたくない

現役東大生が語る会社の選び方。「とりあえずコンサル」で本当にいいのか?|BUSINESS
「考えることが得意なはずの東大生でも、就職先については深く考えていない」

これは正しくて、ただもっと正確に言うと

正解がある問題を解くのは得意だけれど
正解のない問題を解きなれてない、ということだと思う。

そしてそれは東大生だけでなく全ての学生がそう。
最後までSo What?のない記事でびっくりした笑

個人的には東大生でコンサル見てる人、少なくとも平均的東大生よりは自分のキャリアについて真剣に考えてると思う
確かにとりあえずビール的な 笑
賢い中にも、勝ち組と負け組みたいなのがあるんでしょ!

学者系に行く人と、
それを目指していたけど挫折して会社員になる。

やりたいことないから、
ロジカルなコミュニケーションできるコンサルへ。

的な?
Business Insider Japanさんがエンカレッジ東大支部を取材!

約300名の東大生にアンケート調査を行いました。人気業界はコンサル/金融/商社の順に並び、東大生ならではのキャリア観が見受けられました。なお、「転職前提の就活」は3割程度に留まりました。

👇記事はこちら!
メモ、しっかり読むで→Business Insider Japan: 現役東大生が語る会社の選び方。「とりあえずコンサル」で本当にいいのか?.
「大手かベンチャーかではなく、どんな働き方をしたいかも重要な企業選択の軸」←これは結構大事なことだと思う

東大生に「とりあえずコンサル」就活が多いのはなぜ?「見る企業が少ない」「周囲の目を気にする」
「ベンチャー」→「大手」→「独立」のキャリア形成が良いとは聞くけど。
東大生のキャリア観を取材。
東大生就活生へのアンケートでは、人気業界1位はコンサル。
アンケート実施した、キャリア教育支援NPO「エンカレッジ」東大支部によると、「東大生はみる企業数が少なく、周囲の目も気にしがちで、『とりあえずコンサル』が多い」とのこと。
東大生に「とりあえずコンサル」就活が多いのはなぜ?「見る企業が少ない」「周囲の目を気にする」|BUSINESS
以上
 
PR
PR