TOP > 政治・経済 > ポストコロナ時代の「勝ち組」マルイに学ぶべきこれだけの理由…小売り×フィンテックで11年連続の増益 | Business Insider Japan

ポストコロナ時代の「勝ち組」マルイに学ぶべきこれだけの理由…小売り×フィンテックで11年連続の増益 | Business Insider Japan

新型コロナウイルスの影響で大手百貨店が軒並み苦しむなか、際立った動きを見せているのが、「マルイ」「モディ」を運営する丸井グループだ。5月28日に発表した2020年3月期の通期連結決算は、売上高や利益の...

ツイッターのコメント(33)

大学生と新社会人に見放されて、すっかり終わったと思ってました…
ごめんなさい🥺
"小売×フィンテック×共創投資で「知識創造型」のビジネスモデルを築く"/
推進効果?
以前、取り上げた OIOI=百貨店というイメージで、コロナの影響を受けている業界の一つですが、丸井は違う。
未来志向の「本業=社会へのお役立ち」の成果の表れでは?勉強になります💡
丸井グループもうフィンテック企業、というか収益を支えているのは消費者金融。店舗だけに収益依存していないポートフォリオは全リテール企業が学ぶべきところ。店舗人員の削減や店内のデジタルコンテンツ拡充の方向性はリテール企業の中でも際立って明確で良いですね。
一つの方向性をはっきり読み切っている感があって、とても参考になりますね。
マルイ💳=フィンテック(真顔
西原先生に券面書いてもらうべきでは?
<最近のニュース>
◎ポストコロナ時代の「勝ち組」マルイに学ぶべきこれだけの理由

・小売り×フィンテック
・早い段階でコロナにかかるコストを見込む(最悪を想定)
Q.なぜ成功したか
①不動産ビジネスに徹した
②フィンテック事業
③メルカリ提携、エポスカード、BASEなど
マルイ、シンプルに凄いなぁ
ずっとカードの会社だと思ってたんだけど、メチャクチャ伸びだしたの最近っぽいな
すごいですけど、なんか買うとクレジットカードを勧められるのが苦手で、あんまり行きません。近いけど。 / Japan)
しばらく丸井に行ってないけどかなり変わってるんだな。来期の見通しも4パターン考えてるのか。
もともと、入店している店舗の売上より『マルイカードを作らせろ!』って感じだったので業界の中ではハナから別業態。
少し前まではもう少し金融を隠していた印象ですが堂々としていますね。集客トランザクションをテコにした金利とテナント料という完全にオンリーワン業態
マルイは、2024年までにリアル店舗の6割を「デジタル・ネイティブ・ストア」に変える計画だそうです。
クレジットカード、エポスゴールドあれば他なくても困らない
要注目 / Japan)
マルイすごい
・定借(=)で売上安定
・事業を効率化し、5年で人員を半分に
・2024年までに6割を「デジタルネイティブストア」に
・ソフトウェア等無形資産に投資
“2024年までに6割を「デジタル・ネイティブ・ストア」に変える計画”
めっちゃいい分析だなぁ
やっぱり金融は強いです🥺

フィンテックに舵を切ったマルイ幹部は優秀だと言えます🧐👍
学び✍️
百貨店ビジネスの次なるステップ。百貨店自体がキュレーターになるかも。 »
もともとエポスカード会員による別収益源があったところに昨今は不動産業に勤しむマルイ。小売一本足ではなく、多種類のマルチな収益源がコロナ影響を軽減させている。昨今ではVCっぽい動きも見せているし。
丸井のビジネスは、進化というよりももはや別物に変わってる。不動産ビジネスに徹し、デジタルネイティブストア化を進め、人員を5年で半減させ、フィンテック、投資事業にも注力。
昔は割賦販売と言えば丸井と緑屋だった。緑屋は経営が悪化してクレディセゾンとなり店頭販売から撤退。丸井は店頭販売は残したものの不動産業に近くなり金融事業も拡大してる。もう単純な小売りじゃ稼げないんだろうね。
プレミアムカードの伸びがすごいのは家賃の支払いにエポスカード使うと招待状が来てすぐ作れるからのような気がする(我が家のケース)→
マルイは金貸しなんて言われてた時代がある。
つまり、金融に強いんだよね。
ここまで新しいチャレンジしてたの初耳。
外で買い物しないからな(笑)
これぐらいのアジリティを鉄道会社も出したいもんだわ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR