TOP > 政治・経済 > 黒字リストラ拡大で管理職外注サービス増加、人手不足とマッチング | Business Insider Japan

黒字リストラ拡大で管理職外注サービス増加、人手不足とマッチング | Business Insider Japan

27コメント 登録日時:2020-01-17 06:57 | BUSINESS INSIDER JAPANキャッシュ

40代からリストラ対象になる時代が、やってきている。2019年にも相次いだ企業の早期退職者募集の流れで特徴的なのは業績不振のみならず、業績好調の企業でもリストラ、いわゆる「黒字リストラ」に踏み切っていること。企業はデジタル化やテクノロジー...

ツイッターのコメント(27)

正社員は30代まで。でも、その間、一度も転職経験もプロジェクト経験もないと、何にもできない可能性が高いので30代は心しておくように。
シニア層の転職機会は大いに増やしてほしい。人生100年時代。一方企業の寿命は短命化しており、一生一つの仕事で終えることは難しくなる。社会的な受け皿が必要。
シェアボス紹介いただきました。企業は並行して攻めの施策も仕込まないと。→
外部からマネージャー人材入れるのは、個人的にはあり。
業績が芳しくない企業だけでなく、業績が好調の企業でもリストラだそうです。
人件費がネックなのはわかるけど、従業員の方にとっては「どうしろっていうんだ?!」って話だよね。
今までの考え方や価値観は通用しなくなってきてるのかも
多分人を雇わないのが最適解で少人数でやってるところの方が小回りきくし割といけてるんじゃないか説なんでかって言うと雇わないでもいろんな it リスト化クラウドソーシングみたいなので外注できる時代になっちゃった...
俺もこうなってくると思うなー、外注のサブスク化。
会社内だけでの選抜ではなく、もっと広い枠の中に登録されて一覧の中の1人の自分として生きる。
選ばれる様に努力する時代。

ま、そんな時代にもコネは残り続けるやろから自分の価値と繋がりを作り続けないとね☆
リストラの代わりに副業上司

>全体の登録者が3割近く増加
うち50代は4割増、マネージャー以上役員クラスも同34%増

新規事業の立ち上げや起業も増えている。経験豊富な人材をピンチヒッターとして頼んだり、新しい風やアイデアを吹き込むことを期待
> 「優秀な人から転職してしまい、行き場のない人が残った感じです。残った人にも会社への不信感が高まって、職場の雰囲気ははっきり言ってよくない」
「いつでも上司を取り替えられる」「日本初、ボスのサブスク(月額定額サービス)」
大手企業の中でも、会社に依存せずちゃんと研鑽を積んできた人のみが使えるサービスですね
赤字リストラだけでなくデジタル化に伴い黒字リストラも拡大している中、管理職やリーダー層を社外へ外注するサービスが注目を集めている、という記事。
以前、管理職のサブスク化の記事を見たことがありますが、今後もこういったものは増えてきそうだなーー。
いろいろ考えると、今後は、自分がどんなポジションでどんな人がいれば一番能力が発揮できるのかとか、自分のことをよく知っていないといけない気がする。
"「社外の活躍の場」としても「新しい風を吹き込むため」の手段としても、管理職外注のような外部のプロフェッショナル人材の調達サービスは、ますます盛んになりそうだ。"

この流れの中で副業や外部登用を制限する会社は、社員の成長と会社の発展の両面で機会を損失する。
なるほど。

この発想はなかった。でも、優秀な上司ってそんな簡単に斡旋できるもんかな?単価も高そう。
「上司もサブスク」外注・シェアする時代。黒字リストラ逆手に管理職紹介サービス増加|BUSINESS
ミドル以上は、腕を磨いておかないと、ですわ!
でないと将来が不安になる?!

「上司もサブスク」外注・シェアする時代。黒字リストラ逆手に管理職紹介サービス増加 | Business Insider Japan
管理職としてのスキルが高い人こそ専門家として外注する。
実力主義での管理職って考えると一理あり。

「上司もサブスク」外注・シェアする時代。黒字リストラ逆手に管理職紹介サービス増加|BUSINESS
ボスのサブスクリプション。この発想はなかった!
大企業のリストラが加速する中、では辞めた中堅社員はどこへ向かうのか。リストラ社会を逆手にとった管理職の外注サービスが続出する現場を取材しています!
人材の流動化は確実に進む中、どう自分のキャリアをつくるかはどう生きるかです。
以上

記事本文: 黒字リストラ拡大で管理職外注サービス増加、人手不足とマッチング | Business Insider Japan

いま話題の記事